2010年03月04日

休止

「天を恨みず、人を咎めず、下学して上達す。我を知る者は其れ天か」


無期限停止いたします。
posted by ケロの父 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

故障は自分の怠慢

冬の真っ只中!
みなさんのチームでも冬のトレーニングを行っている事でしょう。
基本を徹底するチーム
体力UPに励むチーム
色々特色の出る時期ですね

走れ走れ!のチーム。


月、水、金の我が学童野球チームの練習の最後の締めくくりは15分間走です。

顔を真っ赤にしてちびっ子達が走ります。

もちろん、長距離のランニングをしたからと言って、野球の能力が直接上がるわけではありません。しかし、長距離のランニングをおこなうことで、心肺持久力に併せて末梢循環が向上し、疲労回復の度合いを高めることができるのです。つまりは、ベースとなる基礎体力ですね。

走り込んで故障のない強い体作りを目指してます。

故障をしないのも実力のうちですから。

故障は自分の怠慢。

posted by ケロの父 at 22:13| Comment(6) | TrackBack(0) | チーム練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

正月ボケなバント練習

この冬の天気予報は、「暖冬」
「暖冬と言っても必ず寒い時期はあり、むしろ寒暖差が大きく大変」
今週末の日中はこの季節としては暖かくなり野球の練習が助かりました。

土、日共にチームでの練習は午前中でした。

半日の練習だとアッと言う間に時間が過ぎてしまいますね。
土曜日などは、送りバント練習だけで終わってしまいました。バント処理練習も兼ねていたのですが、打者だけでなく守備面でも動きが悪く、私が指導に熱くなり時間がかかってしまいました。

「バッティングできる者はバントも充分できる。」
「バッティングできない者はバントもできない。」

まあ、子供たちは生きたボールの打席、生きたボールの処理は今年初めてでしたから、大目に見るとして正月ボケを吹き飛ばすようにと最後のミーティングで「喝!」を入れました。

今月末から、練習試合を入れました。2月中旬にはローカル大会も始まります。まだまだ寒いですが少しづつ野球の春が近づいてきました。



午後からのケロの自主練は、勿論ありました。
posted by ケロの父 at 22:11| Comment(4) | TrackBack(0) | チーム練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

右投げ左打ち

中大の高橋善正監督。元プロ投手として東映(現日本ハム)時代には史上12人目の完全試合を達成。各球団のコーチなどを歴任後、東都大学リーグで低迷する母校・中大の再建を託された。

その高橋善正氏の興味深い言葉があったので記しておこうと思いました。



各大学の監督と話をしていて共通の問題をかかえていることがわかった。
それは何かというと右投げ左打ちの選手がどの大学にも多いことだ。例えば本学の場合、就任当時は53人中投手は19人で野手は34人だった。その中で右投げ左打ちは16人で約半分を占める。特に内野手は13人中8人がそうであった。

昨年の試合では左投手が出てきて右の打者を代打で出そうと思ったが、ベンチに残っている内野手は左打者ばかりであったということもあった。

従って、ある年の新入生の野手は右投げ右打ち、左投げ左打ちしか取らない方針を打ち出した。新入生12人のうち右投げ左打ちは1人のみだけだ。

イチロー選手などがその典型で、足が速く、その俊足を生かすために左打ちにする。
ところが本学でいえば必ずしも足の速いのがそうなっているわけではなく、むしろ遅い部類に入る選手もいる。ある部員に聞いたら小学校3年生からなっているという。

右投げ左打ちが多いのは金属バットと決して無関係ではないと思う。
しっかり振り切ることよりとにかくボールバットに当てて一塁まで走る。左打ちならそれでもヒットになる可能性が高くなる。
そのためか総じて非力である。
しっかりとしたスイングが身についていない選手も少なくない。

そうしたバッティングを子供の頃からやっていたら、大学になって木製バットになったからといって、元の右打ち戻そうとしてもなかなか出来ない。
プロなら1年かけて二軍からやり直し、鍛えなおすことができるが大学では時間が限られている。 

最近、プロ野球で活躍している大学出身のスラッガーといえば横浜の村田(日大)くらいしか浮かばない。それも小さい時に右投げ左打ちの選手が増えたことがその背景にあると思う。
posted by ケロの父 at 13:20| Comment(11) | TrackBack(0) | 野球の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

Franklin打撃用手袋

PA0_0419.JPG

ケロの使っている打撃用手袋、最初はSSKを使って、ミズノへ、現在はZETTを使用。
結構すぐに破けてしまうので事前に購入しました。と言うより私が勝手にでした。

スポーツ店に行くと今まで置いていなかった珍しいメーカーが目に留まりました。

フランクリン社製のバッティンググローブです。大リーグの選手にも定評があり、使用する選手も多い。

色は黒、青を基調としたものがあり黒の方をチョイスしました。大量に在庫があり値も日本メーカーより安価なのも購買意欲に火をつけてくれました。円高の良い方の影響ですね!

フランクリンが独自に開発した皮革は、WR100DX技術とカーボンファイバー技術を使って、皮なめし工程でそれぞれの皮革繊維に密着されたもので耐久性もありそうです。

肝心の握った感覚、ケロは感触は良いとの事なので良しですね。

まあこのバッティング手袋に関しての使用は賛否両論あるかと思うのですが我が家は使用してます。
プロ野球選手のバットは木製という事もあり必需品ですが、高校野球まではグリップテープもありますしね。
posted by ケロの父 at 11:39| Comment(10) | TrackBack(0) | 野球道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

初!兄弟アベックホームラン

ケロ兄弟の冬休みは先週終了し、始業式を終えたらまた3連休という、なんとラッキーな巡り合わせの休みが終わりました。

その最終日の成人の日、私は仕事で学童チームの練習は見れないのでお休み。ケロ兄も部活が休み。
しかし私は遅番の仕事なので息子達の野球の自主練に付き合う事が出来ました。

ケロ達は軽くランニングで体を温めて準備体操をして素振りをしていたので、久々に兄弟2人を連れて近所のバッセンに行った。

まず120キロのゲージにてケロから打ちだしました。
すると、1/6の2ホーマーに続き本日もホームランの穴に入った!


次にケロ兄が打ちだしました。ケロは隣の85キロゲージに移動。

すると・・・

なんと兄もホームラン!!

初の兄弟アベックホームランとなりました!!

打撃の鋭さと言うより、「的に当てる”打撃コントロールと運”」それが必要なバッセンでのホームランではありますが、気分が良いですね〜




posted by ケロの父 at 02:13| Comment(14) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

2010富士重工野球教室

今年も年始の恒例となった富士重工野球部による野球教室が催されました。

今回でケロも4回目の参加
  ↓過去3年
'09:http://kerokero223.seesaa.net/archives/20090110-1.html

'08:http://kerokero223.seesaa.net/archives/20080112-1.html

'07: http://kerokero223.seesaa.net/archives/20070127-1.html

会場は今年、人工芝の清原球場に戻りました!

ウォーミングアップ

キャッチボール

ポジション別指導
バッテリー、内野、外野に分かれました。

ケロは、当初2年は外野へ去年は内野、今年は投手として指導を受けました。
指導された事は
「しっかり踏み出した足に体重を乗せ、2〜3m先に投げる感じで」
だったらしい。

PA0_0416.JPG

PA0_0417.JPG

空き時間には、ベンチ裏の大鏡の前で素振りしてプロ野球選手気分。

PA0_0414.JPG


打撃指導はロングティー、各人5本


今回も楽しく野球が出来ました。

富士重工野球部関係者に感謝です。



posted by ケロの父 at 21:45| Comment(6) | TrackBack(0) | チーム練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

凄。2本

2010年、学童野球チーム初練習から帰宅した私達親子でした。
時間を見ると、まだ11時です。
「おっ 今からバッセンに行けばタイムサービスの朝練タイムに間に合うぞ!」
と言う事で、車を走らせました。

120キロを3ゲーム、2ゲーム目にホームランの穴に打ち込みました!
「おお〜今年初ホームランだ!」
このバッセンは入り難く、大人も含め月に10人〜15人程度しかホームランボードに名を連ねられません。


この近所のバッセンで先月もホームランホールに打ち込んでおり、無料の120球の権利がダブりで所有できたので夕刻にまた足を運んでしまいました。

120キロを120球をケロが打ちだすと、またまたホームランホールに打球を打ち込みました。
(*0*;)☆ ウキャー!!
「いやいや、1日に2本とはスゲェ〜」
骨盤のタメ感覚できてますかね

入る事すら滅多にないのに1日2本とは・・・・愚息ながら何か持ってますね〜



posted by ケロの父 at 20:53| Comment(8) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

2010チーム初練習

我が学童野球チームの今年初練習!

毎年恒例の神社まで約2キロのランニングです。

勿論、私も一緒にランニングしました。
一般道を走るので子供達の安全確保役も兼ねまして

今年は6年生の2人が参加してくれました。
(KAZ、ISOちゃん)

ヽ(・・;)ヘ。。=3 =3

神社までの往路はケロがトップでゴール!


PA0_0413a.JPG


そこの神社にて全員そろっての必勝祈願
(-m-)” パンパン
「もっと野球が上手になれますように」
また学校までの復路を走って帰りました。トップはY田君、ケロは2位でゴール!!


今年は「全国制覇」だ! と言いたい所ですが・・・
まずは、公式戦1勝! そして県大会出場を目標に頑張ります!!
posted by ケロの父 at 21:11| Comment(10) | TrackBack(0) | チーム練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

究極の練習法

松井秀喜選手の野球を始めた少年時代からの日課だった究極の練習。

mlb0805090850001-p5.jpg



「素振りは究極の練習です。想像力次第でどんな状況にも身を置ける。例えばまず、投手の姿を思い描く。球種とコースを考える。球の高低、内か外か。直球を打ちにいきカーブが来た、などの自由な設定も素振りでは可能。僕はどの球、コースでもセンターに打ち返すイメージで振ります」

1時間でも2時間でもバットを振っていると、スランプで逆立つ気持ちも安らいでいった。好調時は少しでも長く維持しようと熱が入った。意味がないのは「何も考えずただ振る」ことだという。「必ず、試合での打席をイメージして振る」のが大切だと説く。

「音も重要です。振りが鋭いと空気を切る音が“ビュッ”とする。鈍いと“ボワッ”と割れるんです。音の違いは(巨人時代に)長嶋監督とやっているうちに、わかるようになりました」

究極の練習法で肝要なのは「本気度」と「音」だ。ワールドシリーズMVPは偶然やまぐれではない。「これまでどれだけ振ったのかなんてわからない」。日常となったバットスイングがあったからこそ、世界の頂点に立てた。

posted by ケロの父 at 21:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 打撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

チェアーバッティング

年が明けて3日目、穏やかな日々が続いている当地域、相変わらずの親子自主練実施してます。

3日目の今日は少し趣向を凝らしてみました。
広角に打ち分けるケロ、基本意識は逆方向に打とうとしていると思います。以前UPしている動画を見ても分かるとおり、どうしても捕手側の肩が下がりやすくなる。これがケロノ個性を引き出してもいるのですが、レベルアップも兼ねて矯正の練習をしてみました。
あと引き手の脇の甘さもですね。個性を殺さないで上手く修正したい所です。

前から口頭では伝えてはいるのですが、なかなか感覚がしっくりこない模様です。

椅子に座らせてティー打撃を行い、肘の使い方を覚えさせてみました。特に前腕の練習ですね。
スイング力の再強化とこれから対応して行かなくてはならない変化球も視野に入れての矯正です。

そのあと私がケロに投げてのフリー打撃では、各コースへのスイング軌道固めというか動ける様に練習しました。



※効能、注意事項
(1)座った状態ではステップが使えないため上半身のひねりを使わずにバットを振るわけにはいかなくなり、自然に上半身のひねりを使うようになります。

(2)肩も腰も水平にしか回らないので、後ろの肩が下がる癖のある人には有効な練習法です。

(3)上半身の筋力が不足している場合も、この練習を続けることで筋力がついてきます。

(4)さらにバットの勢いがステップをふんだときよりも上がらないため、引き手や押し手の使い方も強化されます。

(5)おしりが回らないよう、どっしりと座って下さい。

posted by ケロの父 at 21:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 打撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

ダブル「大吉」

今年の元日は隣県の私の実家へお邪魔しました。
たらふく食べたお腹を凹まそうと、私が幼少の頃遊んだ広場でケロ兄弟の自主練を行いました。寒風が吹いていましたが体を動かすうちに暖かくなり上着を脱ぎだしました。

本日2日目は、家内の実家へお邪魔して近所の神社へ初詣に出発。
ケロ兄弟がおみくじを引いたところ、今年は2人共に大吉!! 幸先の良いスタートです。

PA0_0414.JPGPA0_0413.JPG

帰宅後、近所のバッセンへ初打ちに



帰りは、実家からバッセンまでの約5キロの道のりを走りました。私は大腿部が筋肉痛です。

さあ、学童野球の最後の年です。元旦からスイングを始動しました。

そして昨日、今日とだらだらと飲み食いが続いてます。
(^Q^)アーン いただきまーす
子供たちは沢山食べて、大きくならなくっちゃね〜 私はメタボに注意ですが^^;



posted by ケロの父 at 23:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

2010 謹賀新年

カキーン!""( ・ー・)_/彡 ヾ(;゚◇゚)ゞホ、ホームラン!   ~ °

新年あけましておめでとうございます。


新たな年が始まりました。
時間は公平です。誰の1日も24時間あり、8760時間で1年が終わります。
絶好調でも、どん底でも、ほどなく心機一転の節目となると思います。
今年も夢に向かって地道に頑張っていきたい!

今年、ケロ兄は高校野球の門を叩く予定。
ケロは学童野球最後の年となります。


私も改めて気を引き締め、監督として学童の今のチームを県大会へ!
その為にはしっかり上達しなければなりませんし、徐々にハイレベルになってゆきます。

しかし、それを達成出来た時の嬉しさは格別です。

この事が、これからの人生に大きくプラスになり、様々な困難を乗り越える自信となります。

出来なかった事が出来るようになるには、何度も何度も、繰り返し修練しなければなりません。

その辛さが、心と体を鍛えてくれるのです。

頑張って上目指して、そうなれる様に子供たちを導いてあげたいです。





皆様の励ましとアドバイスが、私達親子の励みとなり力となります。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

posted by ケロの父 at 00:25| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

ケロがお兄さんに!?

今年も暮れようとしています。

私も年始年末休暇に入り、親子自主練も多分に洩れず行っております。
とにかく地道に練習しかありません。来年のケロは学童野球最後の年になりますから、この冬の取り組みが大切ですね。

中央競馬を締めくくる有馬記念はドリームジャーニーが制した。
「夢」を追い「旅」を続けるのは我が親子も同じ、追い求めて行きたいです。


野球漬けのケロ、私でしたがこの年末に家内の妹の娘が泊りに来ていていまして癒しの一服となっており、末っ子のケロもお兄さん気分です。

その.jpg
ケロの従妹3歳の可愛い娘



恒例?のケロに今年の自分を漢字一字で表すと何?と質問
一昨年は、野球の「野」
昨年は、野球の「球」
今年はどう出るかと楽しみでした。答えは「我」。前チームでは県大会出場と目標を達成できたが、新チームでの苦戦の数々での我慢が多かったからこの字を選んだそうです。
私もケロと同じ心境で、今年の自分を漢字一字で表すと「忍」です。
もっと悟りの境地を開かないといけませんね。

来年が良い年であることを願います。


なんとかこのブログも4回目の正月を迎えられそうです。
本当に一年間ありがとうございました。

皆さん、どうぞ良いお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いします。
posted by ケロの父 at 23:36| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

Tポニー体験練習会

PA0_0406.JPGPA0_0405.JPG

昨日の日曜日は、中学硬式野球のTポニーの体験練習会があったのでケロが参加しました。

一応対象は、小6、中1でしたが良い機会だったので了解を得ました。

当日はどのくらい人数が集まるのだろうと思いを巡らせ、しかもこういう体験の練習会は初めてのケロですから朝会場に向かう車の中ではやや緊張気味。
まあ、誘った6年生が都合で参加できなく 知った顔がないのですからしょうがないですね。

会場は、プロ野球の試合などでも使われる人工芝のKY原球場。

偶然に駐車場であったN野球スポーツ2人の参加者は5年生と聞いてちょっと安心したケロ。

球場入りして、最終的に集まったのは
TKF’S、FC・T木の6年生6人
N野球スポーツの5年生2人
M学童の5年生ケロ、1人
SKR学童の4年生4人
それと、明H学童(6年生入り)がチームごと来ました。

午前中はW−UPからキャッチボール、フリー打撃は1人50本位打てたでしょうか。そしてノックで締めくくりました。
ケロは同じ5年生の2人と、とても仲良くなれたようでした。
TKF’S、FC・T木の6年生6人達ともじゃれあったりと打ち解けていて安心しました。

昼食を挟んで午後からは、チーム丸ごと来た明H学童と連合チームとで練習試合をする事になりました。当日はポカポカ陽気でして、しかもこの時期に練習試合が出来るなんて来た甲斐がありました。
ケロは7番ファーストで出場。
打席は1打席で、1死1、2塁で打順が回りレフトに弾き返したが、ランナーが3塁で刺されてしまった。
結果は0−2(3回)で負けでしたが、ケロの所属する学童チームでは最近味わっていない締まった試合でした。

最後はTポニーの紅白戦(大学生2人入り)を観戦して体験練習会を無事終えました。

お土産に硬球1つと菓子、ジュースまで頂いてしまいました。
ありがとうございました。


チーム、指導者、保護者の人達が皆さん良い人で、いろいろお世話になり大変恐縮しました。
「ありがとうございました」
posted by ケロの父 at 21:53| Comment(12) | TrackBack(0) | チーム練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。