2009年04月30日

市内Mc杯 ベスト8を賭けて

市内Mc杯(全日本学童)3回戦の30分後、べスト8を賭けての4回戦が行われました。

UドリームBoysが対戦相手です。

ケロは3番ショートでスタメン。

投手の台所事情が悪い我がチーム、キャプテンYUT君の連投となりましたので、疲れもあり要所でコツコツ打たれ加点されてしまった。

相手投手は適度に荒れていて的を絞りきれない状況に自陣打線はすっかり鳴りを潜めてしまった。
いい当たりが正面に飛んでしまい、運もなかった。(ケロの2打席目などは良い当たりでセンターがワンバウンドキャッチし1塁へ送球されセンターゴロ)

自陣攻撃6回裏に、力投の相手投手の3連続四死球で満塁、3番ケロがセンター前に弾き返してやっと得点、その後動揺しパスボールで計3点返したのが唯一の見せ場でした。


結局、散発2安打では勝ちも望めませんでした。

ベスト8なりませんでした。完敗です。


相手チーム 1 0 1 2 0 1 3 | 8
我がチーム 0 0 0 0 0 3 0 | 3

3.ケロ(遊)
二飛  センターゴロ  センター前ヒット



(Total 165打数71安打 .430 本塁打4 )
posted by ケロの父 at 21:55| Comment(14) | TrackBack(0) | 試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

市内Mc杯 ベスト16を賭けて

本日はいよいよ市内Mc杯(全日本学童)3回戦、べスト16を賭けての試合です。

古豪SKR学童が対戦相手です。

ケロは3番ショートでスタメンです。

先発投手はキャプテンYUT君
1、2回を自陣守備が5失策にもかかわらづ1失点と踏んばる。

我が攻撃は初回連打で無死1、3塁でケロに打順がまわり1塁走者の盗塁で2、3塁とチャンスが拡大。
ケロがスクイズを決めるが大胆なショートの前進守備の正面で本塁アウトとなり2塁走者も3塁をオーバーランし過ぎてしまい送球されダブルプレーを喫してしまった。
ケロが2塁、3塁と盗塁を決めるが、4番KAZ君が惜しいサードライナーで無得点となる。

次の回自陣は、ライト前のYUT君が送りバント等で3塁まで進みワイルドピッチであっさり同点としました。

逆転シーンは
1番大君が出塁して盗塁後、2番はる君の送りバントで1死3塁
3番ケロは、惜しいレフト正面のレフトライナーでした。
4番KAZ君は根っこで詰まりながら打ち上げてしまうがセンターの前にポトリと落ちて逆転となりました。

勝負を決めたのは自陣攻撃4回裏
下位打線の2個の内野安打と8番MU君のセンター前でまず1点。
9番TU君四球、1番大君四球で押し出して2点。
2番はる君も四球で3点。
ここで投手交代となりましたが
3番ケロの右中間を破る3塁打で、この回一挙6点。
4番KAZ君三振
5番YUT君の3塁打で7点。

5回の守りを3人で締めで3回戦もコールドで決めました。

ベスト16です


相手チーム 0 1 0 1 0 | 2
我がチーム 0 1 1 7 X | 9

3.ケロ(遊)
スクイズ失敗  レフトライナー  右中間3塁打

(Total 162打数70安打 .432 本塁打4 )



さあ、30分後から4回戦です。
連戦となりハードスケジュールですが頑張ります。

posted by ケロの父 at 21:28| Comment(10) | TrackBack(0) | 試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

深いトップへの入り



明日は延期になったMc杯市内大会です。

今日は、それに備えて打ち込みの出来るバッセンへケロを連れて、足を延ばしました。
100キロを180球の打ち込みです。

いやいや絶好調のケロです。
ガンガン打球を飛ばしてくれました。後半疲れが見えましたが合格です。

早い始動から深いトップに入れてボールを待つ姿勢が良い感じでした。
トップを深く入れる時、肩を一緒に動かしていないし、顔のブレも少なく抑えていますね。

私は合格点を出したのですが、何か不満げなケロ。

空いていたのでゲージ内で逆を向き50球程ティーバッティングをして、自分なりに修正を入れていたケロでした。

昨日のチーム練習で風邪で休んだ(学校も休み)4番KAZ君の代わりに4番を打たせても良いかもしれません。そのくらい好調です。
看板打者として胸を張れる位でした。



「ホームランは偶然じゃない。練習の結果さ。」byロジャー・マリス

この言葉のように、もっと練習を積んでホームランが打てると良いなあ!

posted by ケロの父 at 21:12| Comment(6) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

スイングスピード

冷たい雨が降っている。
土曜日に朝から夜まで雨が降り続けるのは、去年の5月下旬以来、久々のことだそうです。

本日予定されていたMc市内大会は29日へ延期となりました。

朝一で近所のバッセンへケロ兄弟を連れて行く
案の定、雨で大会が中止の影響で混雑していました。

ケロの打撃状況
120キロのゲージで打ちました。インコースの球を自打球する光景が多々ありました。

バッティングの基本は「インパクトはできるだけ身体の近くで」です。
いわゆる「引きつけて打つ」という事を指導して来ています。

詰まった時はファールになりやすいので、そうしたらもう1度打つチャンスがある。泳がされれば引っ掛けて凡打に終わってしまう。
泳がされると言う事はボールを見極めていないと言う事。見極める前に体重が前に行ってしまっているパターンが多い。

こんな課題・指導で、インコースの自打球が多くなったのかと考えてます。

インコースはアウトコースに比べ球をとらえる位置がずっと前方になりますから、タイミングを早くしなければならない。




詰まったのであれば、そしてそのスイングが正しいスイングのであれば、あとはバットスイングを速くするということだけなんでしょうか?


細かい技術はありますが、今後の課題は「スイングスピード」のアップでしょう。



img10214525611.jpg

32歳でその生涯を終えた世界的に知られる中国のアクションスター。
ブルース・リーの名言

考えるな。

感じるんだ。


限界などはない。

ただ、うまくいかない時があるだけだ。

だが、そこに留まっていてはいけない。

それを超えて行くのだ。

posted by ケロの父 at 15:05| Comment(12) | TrackBack(0) | 打撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

スマイルベースボール

明日はMc市内大会が連戦となる(勝てば・・だが)

エース大君の足の重度の打撲の回復状況が気になる。
どうなるにせよ大君の明るさが試合でそのままでたら うちはもっと強くなる^^
スマイル!+思わず笑顔が出るような声かけがでたら勝利の女神も我がチームに微笑んでくれそうです。


「スマイルベースボール」
笑顔の最強軍団を目指そう!


マクドナルドの大会だけに
スマイルゼロ円だ!(あんまり関係ないけど)何とかなる。
良いプレーが出たら ナイスプレー!と言った後に『○○! 格好いいぞ!』と付け加えてみようと思う。野手がくすっと笑えるように。

ふと緊張がほぐれればより良いプレーに結びつくかも知れない。楽しいんだ!野球は!!そう思って試合に臨めばベストパフォーマンスがでるよきっと。


この週末、また低気圧がやってきて次第に雲が多くなり雨が降りそうですが、てるてる坊主が微笑んでくれる事を願う。

posted by ケロの父 at 02:13| Comment(10) | TrackBack(0) | 指導論・方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

考えてこそ、心が生まれる

32197592.jpg

「ビジネス〈勝負脳〉 脳科学が教えるリーダーの法則」 
著者・林 成之さん (日本大学大学院総合科学研究科教授)

サッカー日本代表の前監督イビチャ・オシム氏を救った脳低温治療法を開発。
北京五輪では競泳で金メダルの北島康介選手らにアドバイスを送った。

脳を研究して分かったのは、自分で考えると、心が生まれるということです。指導者は選手が失敗したら、本人に原因を考えさせて、その解決策を考えさせる。この繰り返しが、失敗を乗り越える力を育んでいく。
失敗しないために、マニュアルに従わせ、選手に考えさせない。もし失敗したら指導者は選手を叱る。こうした環境がいかに人の心を育てていないかを、みんな自覚していませんね。

次に興味です。
人間は興味を持つことによって、理解する能力が生まれます。監督やコーチが嫌いな選手には、教えが正しく伝わらない。これでは勝負になりません。だから「監督やコーチは神様が遣わした人だと思ってください。それで本気で勝負の知能が働くのです」

そして、極限の訓練です。長時間の練習ではなく、一瞬一瞬に全力をつぎ込む。これで真の力を発揮できます。
ただし、「難しい」「大変」「無理」など否定の気持を抱いた途端に全力は出せなくなる。愚痴を言いながらやってる人は、結局、何も成し遂げられません。
posted by ケロの父 at 20:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 野球・小説、映画、唄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

市内Mc3回戦へ課題の練習試合

マクドナルド杯市内大会の初戦。2回戦をコールド発進した次の日は練習試合でした。

25日(土)のMc3回戦、突破すれば4回戦と2連戦となります。
そこへ向けて課題を持っての練習試合にしたい考えで臨みました。

土曜に投げたYUT君は静養日で投手機会は温存
YUT君以降の投手見極め
ケロのショートでの動きの試合感の蓄積
各ポジションの争い
Mc3回戦はオールフェンス付きなので各カバーリングの再徹底


1試合目はU中央学童
ケロは3番ショートでスタメン

先発投手は6年KAZ君
球威はあるのだが、打ち込まれる・・・制球力も安定していなく早々と降板となってしまった。

我がチームも相手投手の制球力の乱れ8死四球を逃さず要所で適打が出てた。
珍しいプレーもでました。
2アウト1塁で1番YUT君がライトオーバーを放つ!ランナーの4年生女の子まるはアウトカウントを覚えていなくすぐ走りださなかった。打ったランナーに追い越させまいと懸命に走るあまり2塁ベースを踏み忘れてしまいました。
アピールがあり2ランのはずが無得点に終わってしまいました。(YUT君には気の毒ですが、これも子供達にとって良い意識付けになったと思います)

ケロはショートを無難にこなしてくれました。

相手チーム 3 0 1 0 1 0 | 5
我がチーム 2 0 0 2 2 X | 6

3.ケロ(遊)
ライト飛  ライトゴロ  二ゴロ



2試合目はOK本学童
ケロは3番ショートでスタメン

先発投手は1試合目早々に降板したKAZ君
やはり球威はあるのだが・・・・連打を浴びる
2回打者一巡を投げ降板、3年生のT雅君にマウンドを託しました。

そのT雅君、初マウンドながら落ち着いた投球を見せ3回1/3を自責点3で抑えてくれました。4回は無死満塁のピンチにも動じないで0点に抑える投球も披露。

残り2/3はケロが登板し1安打、1四球を出しましたが無事に締めてくれました。

自陣攻撃も3番ケロ、4番KAZ君の2安打を筆頭に要所で打ち7得点と上々の出来出した。

ケロのショート守備機会も結構ありいい練習試合でした。


相手チーム 2 0 1 0 0 2 | 5
我がチーム 3 0 1 2 1 X | 7

3.ケロ(遊)投
四球  左線三塁打  右越え二塁打



(Total 159打数69安打 .434 本塁打4 )

posted by ケロの父 at 10:16| Comment(12) | TrackBack(0) | 試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

Mc杯コールド発進

さあ本日、マクドナルド杯市内大会の初戦。2回戦からの戦いです。

対戦相手は全N原
ケロは3番ショートでスタメン

一番の心配は、ショートの守備面
練習試合でもショートの守備経験がないからです。無難にこなして欲しい所です。

自陣先発投手は、キャプテンYUT君
エース大君はアキレス腱の重度の打撲ためにまだ松葉杖状態なので頑張って欲しい。
立ち上がりツーアウト1、2塁で5番の子がサード後方にふらふら〜と上がったフライをレフトとショートケロが交錯・・・レフトしゅう君がガッチリキャッチ!!
このプレーで流れが来て落ち着きました。

その裏
ツーアウトがら3番ケロのセンター前ヒットを皮切りに打線に火が付き4点をもぎ取る!

4回裏の自陣攻撃
2つの四球後のケロ3塁打で勢いつき一挙6点!!

ケロのショートの守備機会は一度あり、ハーフバウンドになる難しめの打球をなんとか捌けましたので、まあまあと言う感じです。

5回コールドで勝利し3回戦へコマを進めました。


相手チーム 0 0 0 0 0 | 0
我がチーム 4 0 0 6 X | 10

3.ケロ(中)
中前ヒット  3塁ライナー  右中間三塁打


(Total 154打数67安打 .435 本塁打4 )


posted by ケロの父 at 14:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

7本目のホームラン(バッセン)

最近打撃が、やや下降気味のケロです。
昨日の練習後の自主練のティー打撃でもいま一つ掴みきれない感じです。

そんな中、本日は打ち込みの出来るバッセンへ出かけました。

ケロの今日の目標は「自分のバッティングをする」

100キロを180球連続で打ち込みます。

序盤は良い感じが安定しません。
そんな中、振りきった打球がホームランの穴に吸い込まれていきました!

「イエイ!」

このバッセンで7本目
2月3日以来のホームランです。
http://kerokero223.seesaa.net/archives/20090203-1.html

調子がいまひとつでも ホームランは気分がいいものです。

そこから徐々に打つ感触が戻りつつある感じです。

ケロが一言
「胸の前で打つ感じだ!」

この感覚と言うものは、なかなか他人には分からないし伝えにくいです。

私が「へその前じゃないのかい?」

違うらしい。
へその前だと後ろ肩が早く開いてしまい引き付けて打てないと言うケロ。


何はともあれ、また調子が上向きになってきたようです。

土曜日のマクド杯市内大会、期待してますよ!!

posted by ケロの父 at 21:00| Comment(8) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

スプリットステップ

テニスの話になってしまいますが、スプリットステップというものがあります。
野球の場合でも、この感覚で守備をすることが大切です。

スプリットステップは体の動き(通常は前進)を一旦止めてロブやパスに備えて前後左右に動ける状態にする為のもので、小さくジャンプして両足を左右に開き(スプリットする)ます。スプリットステップを行い、地面に着地し、その弾みを利用して次の第一歩につなげて行くものです。


相手の打つ瞬間に、スプリットステップをするとタイミングが取りやすく次への動作が素早く行なえるようにするものです。

では、それを行うタイミングは?
これって結構難しいのです。
簡単に言えば、相手の打つ瞬間に、スプリットステップをするとタイミングが取りやすいです。

ですが、相手の打球スイングが早くなるとこれでは相手打球に対応(位置に移動)するのが遅れてしまいます。慣れてきたら相手の打つ瞬間にはスプリットのジャンプを終えて着地するタイミングに変えて行く。一呼吸早くスプリットステップに入る訳です。

現在の学童野球の子供達にはこの小さくジャンプする方法を教えてますが(足踏みピョン)今後野球のレベルが上がればジャンプはぜずに、膝を抜く(膝カックン状態)形で一瞬体が浮く状態を作り着地する状態も教えていきたいです。
ジャンプしないのでタイミングも合わせ易いし、動作も速くなりますし体に負担が少ないです。

「膝の抜き」は静止状態から動き出す時等でも、方向転換する時にも使かえるとても便利で体に優しいテクだと思います。

posted by ケロの父 at 21:43| Comment(8) | TrackBack(0) | 守備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

内野の守備指導

この前の土曜に行われたT西カップでは勝ちに行きたかったが、選手層が薄い我がチームに怪我人が出てしまい、マクドナルド(全日本学童)に向けての守備体型をテストする試合となった。

気掛かりなのが、ケロがショートの打球を捌いていない事です。

慣れない守備位置になるので、日曜の練習と本日の練習では守備練習の時間を大きくとった。

ぼてぼてのゴロが飛んできて捕球し、一塁へ送球しようとした際、一塁ベースへ駆け込もうとするランナーが目に入り、「間に合わないのではないか??」と焦ってしまい悪送球をしてしまう。

焦りやアウトにしなければならないという緊張で、正しい体の使い方ができずに、悪送球になってしまうわけです。

学童野球の試合では、一塁へ悪送球をしてランナーが二塁へ進んでしまうケースが多く、試合の流れ上、かなりマイナスのプレーになってしまいます。本人もエラーをし自信をなくしたりします。

守備をやっていて超えなければならない壁だと思います。緊張した場面でも正しい動きができるようにならないとなりません。この精神的な壁を1つ乗り越えると人間が強くなります。

スポーツをやっている人間が精神的に強いのは、こういった場面をたくさん乗り越えるからです。

これを克服するため、練習からランナーをつけてノックしました。

内野ゴロが飛んで来た時の正しい体の使い方のイメージが脳にインプット出来たでしょうか?
試合では、そのイメージに従ってプレーをして欲しいです。

posted by ケロの父 at 21:50| Comment(14) | TrackBack(0) | 守備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

転。

2月1日以来、土日は試合が詰まっていましたので今日、日曜日は久々に休日のチーム練習が出来ました。

来週の全日本学童(マクドナルド)市内大会に向けて課題克服です。
主力2人が抜けて戦わなければならなく、守備位置も苦労します。

午前中は守備練習で終わりました。

それでお昼ご飯を食べるために私が水道で手を洗っていると・・・

ドスンッ

何かが倒れた

足元を見るとケロが転んで倒れていた@@

ビックリしました。

足もとのちょっとした段差につまづいてしまったらしい。ノックで走り回り下半身にきたか?

腰を強打していて、痛みもあるので午後の打撃練習はお休みで見学していました。

2時間ほど、アキレス腱打撲で松葉杖の大君とベンチで座っていました。

最後の練習メニューには、痛みがだいぶ和らいだケロも参加しました。
来週の試合はポジションのコンバート・転向が出るので内野陣の強化ノックです。
キャプテンYUT君、KAZ君、ハル君、ISO君、ケロの5人が対象での練習でした。
ケロはショートを守る予定です。がんばって欲しい!


帰宅時には転んだ痛みもほとんど消えた模様。
本日の練習は、その転んだ事で打撃練習が出来なかったのでバッセンで1ゲーム程打って感触を確かめてから家路に着きました。

PA0_0342.JPG

posted by ケロの父 at 21:36| Comment(8) | TrackBack(0) | チーム練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

大きな穴

全9チームが3チームづつに別れて巴戦を戦い、成績順にまた分かれて優勝を争う。
「T西カップ」の決勝リーグが行われました。

なんと我がチームのエース大君が怪我をしてしまいました。
アキレス腱断裂・・・

お医者さんを変えて再診してもらった所 断裂まではいかなく重度の打撲でした。
ちょっと一安心しましたが、来週のマクドナルド(全日本学童)市内大会は出場不可能となってしまいました・・・

RYO君の引っ越し、大君の怪我で主力メンバーが2人欠けての試合は選手層の薄い我がチームにはとても痛手です。


しかし やるしかありません
第一試合、T南学童
ケロは3番センターでスタメン

序盤は競った展開でしたが後半に我がチーム守備、投手が崩れてしまいました。

我がチーム 3 0 1 0 | 4
相手チーム 2 1 0 7 | 10

3.ケロ(中)
四球  遊ゴロ

大味な試合になってしまった。



第二試合目、MNE学童
ケロは3番ピッチャーでスタメン

ケロが投げて立ち上がりは良かったのですが後半、守備の乱れをキッカケに崩れてしまった。
最終回は四球を出し自滅し残り1アウトはKAZ君が締める。


我がチーム 0 4 0 2 0 | 6
相手チーム 0 0 5 5 X | 10


3.ケロ(中)
中前ヒット  左飛  左前ヒット


この試合も我がチーム守備、投手が崩れてしまい後半崩れて大味な試合にしてしまった。


来週のマクドナルドに向けて、試行錯誤した試合でした。
やはり大君、RYO君の抜けた守備の穴は大きかったです。


(Total 151打数65安打 .430 本塁打4 )



posted by ケロの父 at 21:40| Comment(10) | TrackBack(0) | 試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

ヒーローインタビュー

この間の土曜日に行なわれたT西カップ予選リーグの2戦目の試合で逆転満塁ホームラン(サヨナラ)を放ったケロ。

http://kerokero223.seesaa.net/archives/20090404-1.html

試合が終わり小学校に戻り道具を片付けてから、指導者陣から子供達へミーティングがあります。
まず監督さんから、いろいろアドバイスを受けます。そしてコーチが付け加えました。

最後に前年度監督さんからのお言葉
その時、監督さん、私(コーチ)はネット裏で打ち合わせや談笑をしていると・・・
「わー」と子供たちの楽しそうな歓声が上がりました。

『ヒーローインタビュー』


試合のヒーロー


みんなの前で、元監督さんがインタビューをしていました!

「逆転満塁ホームランをうちましたケロさんです!」
「どんな球をうちましたか?」
「打った感触はどうでしたか?」
「どんな気持で振りましたか?」
などなど
照れながらも嬉しそうに答えていたケロでした。


いいプレーを最大に評価する。


大きな活躍をした選手を、きちんとした評価をしてあげるのも大人・指導者の大切な役割です。

練習して結果が出て、楽しいインタビューですから
野球がどんどん楽しくなっていくと思います。


ヒーローインタビュー。実は最良の指導法、コーチングかもしれません。
posted by ケロの父 at 02:24| Comment(14) | TrackBack(1) | 指導論・方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

読売さわやか野球教室

IMGP0493.JPG

IMGP0503.JPG

IMGP0494.JPG




この前の日曜日は、同チームとのダブルヘッター練習試合が終わってからの午後、野球教室にチームで参加しました。

引っ越ししたRYO君も隣県から駆け付けてきての参加となりました。

KY原球場にて「読売さわやか野球教室」です。
講師は松本匡史さん、広澤克実さん、鹿取義隆さん、川口和久さん

指導は、川口さん、鹿取さんが指導する投手のグループと、松本さん・広沢さんが指導する野手のグループに分かれ、それぞれの技術の基本から学びました。
ケロは投手指導の方へ行きました。左投げと言う事もあり川口さんグループです。
指導では、20人近くもいるすべての投手を順番に丁寧に指導される川口さんに感激!実際に見本の投球フォームを見せたり、抱きかかえるようにじっくりとフォームを教えたり、時には拍手をしながらほめたり・・・と本当に愛情いっぱいの指導でした。

川口さんが見たケロへの第一印象というか第一声は
「体の使い方が上手だね」でした。
それから
「素質があるよ!このまま思い切り放りなさい」
「後は、沢山食べて大きくなるんだよ!」
というお言葉をもらいました。
細かい指導はプレートへの入り方から、足の重心位置の事を教えてもらう。

私から見たケロは、猿投げとか ポン・ジュングン投げ(韓国)などと言われていましたから この川口さんの言葉は意外でした。

ありがとうございました。
posted by ケロの父 at 03:39| Comment(10) | TrackBack(0) | チーム練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。