2009年05月21日

ビーンボール

前日のチーム練習でのシート打撃で7打席無安打に終わり涙したケロ。

内容は、そんなに悪いわけではありませんでした。


相手投手がエース大君に代わっての最初の打席で頭部への死球を喰ったことから始まりました。
7打席と記しましたが、他にその死球と2個の四球もありました。
まさに荒れ球・・・
しかも頭部への死球後も顔の付近へ3球もの危険球もあり、つい私も大君へ向かって「退場!」と冗談でコールしたほどです。

アメリカでは胸元等のきわどいインコースをついた投球を「ブラッシュバック・ボール(brush-back ball)」、頭部を狙った投球を「ビーンボール(beanball)」と呼んでいる(beanは古い英語の俗語で、頭を指す)。
大君は悪気がないにしても、それは「ビーンボール(beanball)」でした。ケロのイライラを助長させた原因です。

そんなこんなが原因でレフトフライ2つにサードライナーと腰が引け気味での逆方向の打球でした。

そして本日、ケロの打撃には影響はないと思いますが、バッセンへ連れて行って状態を見てみようと思います。
posted by ケロの父 at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | チーム練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

何苦楚魂

平日のチーム練習がありました。

その中のシート打撃でケロは7打席
1打席 1塁ゴロ 
2打席 2塁ゴロ
3打席 高々と上がるライト飛
4打席 三振
5打席 レフト飛
6打席 レフト飛
7打席 サードライナー

投手・1〜4打席はTADさん 最後の県大会予選の対戦投手を意識してのスリークオーターの速球(大人の草野球並)
5〜7打席は左のエース大君。

ノーヒットで折れるケロ・・・

打ってから全力疾走で走らないケロ・・・泣く・・・


私に喝を入れられる!

可能性があるならベストを尽くせ!
「今日のどんな苦しみも、明日への自分への礎(いしずえ)となる」
そんな何苦楚魂〜なにくそだましい〜をもって欲しい。

ご存知、デビルレイズ岩村選手の座右の銘ですね。


家に帰り、ケロのバットに「何苦楚魂」と油性ペンで書いてやった!!

今日の敗けを財産に。
今日の勝ちを財産に。

posted by ケロの父 at 21:36| Comment(10) | TrackBack(0) | チーム練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

遅れた11歳の誕生日

PA0_0346.JPG

金、土、日と臨海自然教室にて宿泊学習でしたので16日土曜のケロの誕生日は家を留守にしていました。
帰宅した日曜日はクタクタでしたので、本日ささやかな誕生会を開きました。
会と言っても、夕食が豪華になるだけですが^^;
ケロの好きなマグロ丼を食べ、食後にケーキを食べました。


誕生日プレゼントは・・・なし?

現在使っているグラブが破れているので、後で選んで新調するとか?


臨海学習の振り替え休日だったケロでしたので、有休で休んだ私と昼間にバッセンへ行き120キロを200球打ち込んできました。取り合えずこれがプレゼント代わりかな〜



5/16生まれの有名人

*ジャネットジャクソン
*北の湖
*木谷雅(sacra)
*荒川強啓
*酒井彩名
*遠山景織子
*ヘンリーフォンダ
*大下容子(テレ朝)
*阿知波悟美(俳優)
*奈良原浩(野球)
*前原博之(野球)
*下柳剛(野球)
*唐渡亮(俳優)
*梶原聡(歌手)
*藤崎義孝(サッカー)
*相木崇(野球)
*野口祥順(野球)
*石渡治(漫画)
*デブラウィンガー
*ピアースブロスナン
*佐々木功
*関谷亜矢子
*ヒューズ(発明家)
*唐渡亮(俳優)
*梶原聡(歌手)
*藤崎義孝(サッカー)
*相木崇(野球)
*野口祥順(野球)
*石渡治(漫画)
*サバティー二
*デブラウィンガー
*ピアースブロスナン
*佐々木功
*関谷亜矢子
*ヒューズ(発明家)
*溝口健二(映監)
*西崎緑(初代日舞)
*杉山幸丸(京都大教授)
*浜丘麻矢(俳優)
*早乙女優美(キャラ)
*竜山さゆり(漫画)
*高遊外/売茶翁(茶人煎茶道の祖)
*8世林家正蔵(林家彦六)
*野副鉄男(化学)
*ミラー(経済)
*ベドノルツ(物理)

posted by ケロの父 at 21:36| Comment(16) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

ラッキーホームラン(8本目)



今週末の金曜〜日曜は学校行事の臨海自然教室で茨城県の宿泊施設に泊まり込みになるので、久々に学童野球活動はお休みです。
先週土曜に行われたローカル大会のMチャレンジカップ決勝トーナメントが今週土曜に試合ですが不出場となります・・・残念。

しかし現チームでの最後の公式戦、目標に向かって練習あるのみ!

今週も打ち込みの出来るバッセンへケロを連れていきました。
100キロを180球連続で打ち込みです。

今週は、打撃の調子が上がってこないケロ・・・

バットの振り方というものは人によってそんなに異なるわけではありません。従って、後はいかに自分の体格や体力に合わせて微調整ができるかが決め手になります。
ケロには野球のメモ帳などを作らせて、良かったらその結果をそこに何故よかったのか残しておくようにしています。

私の考える今回の不調の原因は、トップの位置、スタンスの幅など微妙にバランスが崩れているかも言う結論。
あとノルアドレナリンを出すため闘志を燃やす事!!


ケロが打ち込んでいる時の中盤、やや打ち上げ気味で上のネットに当たるが、ラッキーな跳ね返りになりホームランの穴に入ってしまった!

このバッセンで8本目となるホームランでした。

まあまあ、ラッキーホームランでした。


その後130キロを2ゲーム60球。
打ち込みの調子悪くイライラしながら超力んでスイングしていました。
最後にノルアドレナリンが放出され やっと調子が出てきて打ち終わりました。
posted by ケロの父 at 22:25| Comment(13) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

冷静な気持ち

野球に限らず、スポーツをすれば誰でも気持ちが昂り、積極的にプレーしようと思う。気持ちが昂り、一種の興奮状態に入ることで、平常とは違う力が出せる。しかし、興奮しすぎるとマイナスの結果をもたらす。昂った気持ちに不安が混じると、頭の中が真っ白になり、手足が震え、いわゆる「あがった」状態になる。普段殆ど試合に出ない選手が、始めて打席に立つと足が震え、全身ガチガチに固まってしまい、バットがまともに振れない。興奮+不安であがってしまった結果である。こうゆう状態は心配しなくてもよい。慣れてくればあがることもなくなる。

問題なのは興奮に怒りが混ざったときだ。打席に立って顔面めがけてボールを投げられる、相手に汚いヤジを浴びせられるなどですぐカッカする選手がいる。こうなると肩に力が入ったり、サインを見落としたり、ボール球に手を出したり、あるいは相手投手の配球が読めなくなり、いい結果は期待できない。打者の場合は、その打者一人がいい結果を出せないだけであるが、投手がカッカすると問題は深刻になる。勝負球を打たれてしまう、クリーンヒットなら諦めがつくのに当たりそこねの内野安打やポテンヒットが続いたり、打ち取ったはずが味方の失策で出塁したりするとすぐカッカする投手がいる。大リーグに移籍した某投手などはその典型的な例である。せっかくの速球を持ちながら、冷静さを失い、単調なピッチングになってしまうため、ますます打ち込まれてしまう。

投手が冷静さを失うとどうゆうことになるか。冷静さを失うと過去の、すなわち起こってしまった出来事(失策、ポテンヒットなど)に気持ちの一部を奪われ、次のプレーに気持ちを集中出来なくなる。その結果、大事なカバリングを怠ったり、一瞬出遅れて傷口を広げてしまう。次の打者に対する投球の組み立てに集中できないため、ピッチングが単調になったり、制球を失う。

野球選手は気持ちを昂らせることは必要であるが、常に冷静でなければならない。特に、バッテリーはどんな時でも冷静さを失わず、次打者に集中しなければならない。もともと気持ちをハイに維持しつつも、平常心を失わない性格の人は投手に向いている。そうでない人は、気持ちをすぐ次のプレーに集中できるように日頃から心掛けておく必要がある。仕事をしていてもカッカすることはよくある。だが、カッカしても状況が好転することは決してない。であるなら、冷静に次のことを考えたほうが得である。それと全く同じことである。

カッカしたら、自分で危険信号と認識し、次に気持ちを集中すること。
posted by ケロの父 at 22:11| Comment(14) | TrackBack(0) | 投球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

ピンクバット

☆マザーズデー ピンクバット

pMLB2-3714745dtn.jpg

昨日は、母の日でした。

母の日と言えば、ピンクバットの日です。

ピンク01.jpg



ピンク02.jpg


※メジャーリーグ機構と乳がん患者の支援団体が協力して行う乳がん予防への啓蒙キャンペーンの一環
母の日の試合では、何人の選手がピンクバットを使うでしょう・・・?
イチロー、松井選手は、”ミズノとの契約上”?のこともあるのか、使用したことは見たことがありませんね。


「母の日」はピンクバットなので、「父の日」はブルーバットだったら面白いのにな〜

posted by ケロの父 at 22:12| Comment(16) | TrackBack(0) | 野球の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

ヒットの延長がホームランと考えよう

近所のY東小学校に遠征で練習試合を行いました。

☆1試合目は、ホームチームY東学童との対戦

ケロは3番センターでスタメン

チーム打撃陣が大爆発!!
序盤でゲームを決めてしまった!!
後半は控えの選手も沢山投入できました。

しかしケロは不振・・・
試合前、前監督TADさんから「練習試合やし、前打席ホームラン狙ってみぃ」と言われ 狙ったのが力みになってしまった^^;
2、3、4打席は四球で勝負してもらえく余計にイライラしてしまった模様。

相手チーム 3 0 0 0 0 2 0 | 5
我がチーム 3 7 6 0 0 0 X | 16

3.ケロ(中)投
三ゴロ  四球  四球  四球  一ゴロ



☆2試合目はUM沢学童

ケロは4番ショートでスタメン

この試合は久々にISO君が投げました。
なかなかいい投球をしてくれたのですが、2回の5失点が最後まで大きく圧し掛かってしまった。

ケロの打撃は1試合目の課題を修正してくれました。
1打席目からライトへクリーンヒット。
2打席目は1死2、3塁のチャンスでセンターへ2点タイムリーを放ってくれました。

相手チーム 0 5 0 0 0 0 2 | 7
我がチーム 0 1 2 0 0 0 0 | 3

4.ケロ(遊)
ライト前ヒット  センター前ヒット  レフトフライ



(Total 183打数79安打 .432 本塁打5 )

ケロのはいい勉強になった1日だったと思います。
よくイチローはホームランは狙って打つものといいますが、やはり凡人の場合、ヒットの延長がホームランと考えた方が正解です。
posted by ケロの父 at 20:42| Comment(10) | TrackBack(0) | 試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

仕事キッチリも敗戦

近隣の12チームが集まるローカル大会のMチャレンジカップがありました。

今年から優勝旗なるものが出来、開会式では前年の優勝チームとして堂々の行進をしてくれました。
http://kerokero223.seesaa.net/archives/20080518-1.html

予選リーグは3チームでの巴戦です。
その勝敗で来週の決勝トーナメントの組み合わせが決まります。

本日の対戦相手2チームはいずれも我がチームにエース投手を当ててきてくれて、いい経験になった試合でした。


☆1試合目はJo東学童

ケロは4番ショートでスタメン

先発投手は4月末のMc杯以来の登板となるキャプテンYUT君
序盤はまずまずでしたが・・・・
後半の5回、相手にビックイニングを提供してしまった。その1イニングで、4つの四球、サードのエラー、WP、PBがでてしまい一挙6点

攻撃では4回、6回に得点出来、双方ケロが絡み4番の仕事はこなしてくれました。
4回は、1番大君の安打、2番ハル君が送りそれが内野安打に!3番KAZ君が送りバントでランナーを進め、4番ケロのタイムリーが出た!!
5回は、1アウト後のケロの安打から3点か入る!

チームとして守りのリズムが課題です。


我がチーム 0 0 0 2 0 3| 5
相手チーム 1 0 0 0 6 3| 10

4.ケロ(遊)
投ゴロ  レフト前ヒット  センター前ヒット



☆2試合目はIが丘学童

ケロは4番ファーストでスタメン
実はケロ、寝違えて首が痛い状況でした。1試合中は気が張っててか無事にこなしましたが、2試合目でやや痛みがひどくなってきたとの本人の申請で急きょポジションをショートからファーストへ変更。
後は状態を見ながら試合を運ぶこととしました。

先発投手はエース大君
今回も1試合目同様、相手にビックイニングを提供してしまった。
それは序盤2回表で、ショート、サード、セカンドのエラーに加え、走者3塁の状況で2回ものWP、スクイズを決められ打者走者も1塁でアウトに出来ないプレーが出てしまい一挙6点・・・・

チーム唯一の得点は1回裏
1番大君、四球、2盗後に2番ハル君の送りバントで1死3塁のチャンス
3番KAZ君は惜しくも三振・・・
しかし4番ケロの右中間の2塁打で先制点をあげたが、それまでだった・・・


相手チーム 0 6 1 0 0 0 1| 8
我がチーム 1 0 0 0 0 0 0| 1

4.ケロ(一)
右中間2塁打  三ゴロ  中飛


(Total 178打数77安打 .433 本塁打5 )



前年度優勝チームでしたが2戦2敗を喫す・・・
しかし6年生最後の公式戦へ向けて課題が浮き彫りになり、去年の過信気味になったチームの雰囲気と違い、危機感で締まった空気が出たことは逆に好条件となるのではないかと・・・
posted by ケロの父 at 21:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

目に留まる

親バカな話になってしまいました・・・・最初に謝っておきます。
「すいません」

会社から早々と帰宅した私はケロを連れて打ち込みの出来るバッセンへ出かけました。

100キロを180球打ち込みし、それから久々に125〜130キロのゲージに入りました。
なかなか力強くなって、当たりもなかなかの打球を飛ばしてました。
特に今日は打ち損じが少なくほとんどの球を良い感じで捉えていた。

それを見ていたどこかの工務店の作業着を着ていた2人組。
会社帰りか?サボリか?バッセンに来ていました。
うち1人は去年まで高校球児だったらしい(会話で推測)

約130キロを打っているケロ
その工務店員の1人が私に話しかけてきました。
工務店員「小学生は、こんな速い球投げるんですか?」
わたし 「いえいえ、放りませんよ^^;」
工務店員「でもこの球をこんなに打つ返すなんて、凄いセンスですね@@ 幾つなんですか?」
わたし 「小5で10歳です」
工務店員「凄いな〜」

ケロの打撃が人も目に留まるなんて親として本当にうれしい事です。
しかも声までかけてくださいました。自信になります、これが過信にならないように兜の緒を締めてより一層練習して、上達させてあげたいです。
posted by ケロの父 at 21:44| Comment(12) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

一流のシェフ

5月2日に我がチームの監督さんへ事を一部記しブログをエントリーしました。
http://kerokero223.seesaa.net/archives/20090502-1.html

で、次の日この「ブログ」の話になりまして・・・

監督がこのブログをご存知だったので ちょっと静かに心がぶっ飛びました・・・(笑)
うすうすはご存知なのかな〜とは察しておりましたが・・・

こんなくだらない内容のブログですので、お恥ずかしい思いです。

ほとんど自分の息子の事なので、皆さん かる〜く流してください。

私の老後の楽しみに書いている様なものですので^^;

意外と身近な人達も読んでいる様なので、お恥ずかしいですが、とりあえず このまま突き進みます(笑)


さて、監督さんとの話題となったのが
試合中に子供達が気持ちを切り替えるには「笑顔」という事


「褒めて、乗せて」全ての選手たちをうまく手の内に入れ、チーム作り、「野球って楽しいなあ」と思えるような指導をする。
それを続けるとどうしても「緩み」が出てくるのは当然のことです。

やはり「褒める」→「乗せる」→「叱る」→「突き放す」→「受け入れる」・・・
といった流れは必要だと思います。

チームは生きものです。

その日その日で表情も違い、なかなかいい日が続くとはいえません。

手を加えず、ほったらかしにしておくとダメになっていく。



しかし、何らかの手を加えていけば、さらに素晴らしく、さらにいい作品が出来るのではないかと。



ある「一流のシェフ」の話。

「素晴らしい食材、素晴らしい道具、素晴らしい設備を使って、素晴らしい料理を作るのが、一流のシェフではなく、ごく普通の食材、ごく普通の道具、ごく普通の設備を使って、素晴らしい料理を作るのが一流のシェフである。」

といった話。


私の今の力では、一流のシェフにはとうてい及びませんが、できる限りのことに挑戦し、素晴らしいチームを作り上げたいと思っています。

posted by ケロの父 at 21:41| Comment(10) | TrackBack(0) | 指導論・方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

巡り合わせで大会2勝利投手

PA0_0342.JPG

ローカル大会の春のKN杯は予選リーグを1勝1敗の成績。
別班のリーグ戦は1勝1引が2チーム出てしまい4位通過となってしまった。

1試合目は一昨日に対戦した、M原学童です。

ケロは3番ショートでスタメン

先発投手はエース大君
故障明けての一昨日の登板、そして本日と復活を目標とした登板です。
7回を完投しました。内容も100点満点とは言えませんが合格点をあげてもいいと思います。

自陣打撃は散発4安打と大君の好投に花を添える事が出来ませんでした。


相手チーム 0 1 0 0 1 1 0| 3
我がチーム 1 1 1 0 0 0 0| 3

3.ケロ(遊)
二ゴロ  右中間Rホームラン  左飛


1打席目、初球を力み過ぎでブレがでてしまった
2打席目、しっかり捕らえ貴重な本塁打となった
3打席目、平凡なレフトフライ



2試合目はH中央クラブ

ケロは4番ピッチャーでスタメンです。

4番KAZ君は打撃不振のため降格し、この試合はケロが座ることになった。

投手育成試合なので、ここで投球内容を明示して反省したいと思います。

1回 二ゴロ  一飛  三振
2回 四球  遊飛  送りバント  四球(重盗で1点、1塁走者死)
3回 四球  三振  スクイズ  三振
4回 二エラー(牽制死)  投飛  中前ヒット  捕飛
5回 三ゴロ  死球  三振  三振
6回 三ゴロ  中前ヒット  三塁打(二エラー、WP)  三振  捕飛

ケロのこの試合での投球目標・連続四球なくす、1試合5個以内の死四球。

内容は4個の死四球、失点4、被安打3、奪三振6 ですから目標はクリア。
新たな課題を設けて再挑戦です。


相手チーム 0 1 1 0 0 2| 4
我がチーム 2 0 1 0 2 2| 7

3.ケロ(投)
中前ヒット  四球  中飛

1打席目 先制打!
2打席目 しっかり選ぶ
3打席目 高々とセンターへ打ち上げてしまった


この日は投手として完投、打は5打数2安打1HRですから 頑張りましたね!

今大会チーム2勝1敗1引でした。
うまい巡り合わせでしたが、ケロが2つ完投し勝利投手を手にしたのは自信になったのじゃないでしょうか


(Total 172打数74安打 .430 本塁打5 )


posted by ケロの父 at 20:48| Comment(10) | TrackBack(0) | 試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

投打で四球

今日は近隣6チームで行う小規模なローカル大会の春のKN杯ありました。


3チームづつに分かれての予選リーグ戦

1試合目はM原学童戦
ケロは、3番ピッチャーでスタメン

次期チームでは大黒柱にならなくてはいけませんので、この時期にしっかり経験して成長して欲しい。

投球内容は5回を投げ完投4失点、8死四球、被安打1
1回  三飛  投ゴロ  投ゴロ
2回  5連続四球(盗塁死2) 三エラー  一飛
3回  三内野安打  2連続四球(捕牽制で三エラー) 二ゴロ  三ゴロ
4回  一飛  遊飛  三振
5回  死球  三飛  二ライナー(ダブルプレー)

一目瞭然、コントロールに難有り 課題です。


相手チーム 0 2 2 0 0 | 4
我がチーム 6 0 0 1 0 | 7

3.ケロ(投)
四球  四球  四球

試合前、右肩が痛いと言うケロ(投げる方の肩ではありませんが)
「投げられないほど痛いなら監督に言ってきなさい」と私
「大丈夫!」とのケロでした。
実は、市内Mc杯の3回戦のSKR学童戦の盗塁でのクロスプレーでタッチに行くケロの腕、肩をスパイクで蹴りあげられ打撲していました。

その影響か打撃も消極的気味と言うか・・・結果、ナイス選球眼でした。


2試合目はISI学童
ケロは3番ショートでスタメン

先発投手はエース大君
今年の2月末に肩痛から、軽いイップス?、そして4月にアキレス腱部の重い打撲と災難続きからの復活をかけた登板です。

昨年秋の新人戦ではベスト4に入る実力チーム。6年生も10名以上在籍していまして層も厚いです。

立ち上がりから、ISI打線に捕まる大君
やはりブランクがあるせいかもしれません・・・・

ランナーを置いての牽制で動くケロのリズムが悪く抜けたゴロもありました。内外野の追いつきそうで捕れないフライやゴロも・・・
そんなプレーが監督の目には投手の足をとても引っ張っている様に感じたらしいです。確かにそうかもしれませんが、打球をしっかり捕らえられてもいるのが多いし、逆に助けられたプレーもあります。
監督である前に、エース大君の父親としての気持ちが前に出過ぎと感じた私です。

この試合だけでなく、息子の大君が投げる試合では守備に対する要求が高い。

試合後、大君が投げる試合はファーストのYUT君がショートを守り、ケロがファーストを守る体系にと変更指示がありました。

本当は監督への批判的な事は書くべきことじゃないと思いますが・・・
いろいろな状況を考えて あえて書きました。

どうせやるなら楽しく!

「スマイルベースボール」
ある選手が試合中にエラーをしました。悔しそうに下を向いてうつむいています。
この選手が気持ちを切り替えるにはどうしたらよいか?

悔しい気持ち、みんなに迷惑をかけた気持ち、最大の気持ちの切り替えって「笑顔」だと思っています。
気持ちを切り替えるには「笑顔」しかないんです。
前向きに、次へのプレーへ切り替えるには、
「笑顔」が一番いいでしょう! そうありたい私です。



我がチーム 1 0 0 1 2 | 4
相手チーム 3 1 4 0 3 | 11

3.ケロ(中)
三振  四球  1塁強襲

ケロの打撃
2打席目はファール8本の粘りで勝ちとった四球でした。
3打席目は2死2、3塁で1塁強襲のボールがベンチ延長戦を越えボールデットとなる2点タイムリーとなった。
肩の痛みで2日間ノースイングの中、頑張ったのじゃないでしょうか。

しかもこの日は、6打席で4個の四球ですから評価して上げたいと思います。



(Total 167打数72安打 .431 本塁打4 )



posted by ケロの父 at 21:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。