2009年10月16日

I リーグ

ケロは公文式で英語を勉強しています。
本日、金曜日も野球の練習が終わってから行ってきました。

帰宅すると、なんかメダルをもらってきた?

I リーグ入会らしい?

I リーグというのは、I 教材ということで、
Aは小1・Bは小2・Cは小3・・・レベルの教材という感じなので
Iというのは中3レベルに値するわけで・・・。

「えっ」

記念品をもらってきたらしい
さっきのメダルらしきキーホルダー
「とっとき知恵カード」面白そうな(もちろん英語)話題を集めてカードにしたもの
そして、なんと中学3年の英語の教科書(◎-◎;)!!
ケロ兄が学校で使ってるものと同じものをもらってきた。

家内に「英語はお兄ちゃんと一緒に勉強できるね」といわれていたケロ。
英語が苦手な兄はバツが悪そうだった・・・。

英語は世界中の人と交流し、
さまざまな国の文化や他の人たちの考え方を理解する国際語です。
可能性に向かってチャレンジし、自分の世界を広げて行きたいですね。
そして大きな夢を創造して行きたい。
その夢を実現するためには、日々の小さな努力の積み重ねが一番の近道だと思います。
継続こそエネルギーの源ですね。

d(-_^)good!!

posted by ケロの父 at 22:08| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

NEWバット初打ち

Wilson製、83cm φ67.0mm 700g の初打ちへ、バッセンへ出掛けました。

特打ちの出来る遠方のバッセンまで足を延ばしました。

まず100キロを180球から
180球も打つ事事態、体力がいるのにプラス バットのサイズアップですから体力がいるでしょう。
打ってる最中にケロが「お腹が痛い・・・」
私 「えっ うんこか?」
ケロ「腹筋だよ〜」
一回り大きくなったバットに体が悲鳴をあげたのでしょうか?

打ち込みを終え、130キロの高速球を1ゲーム
サイズアップしたバットが見方をしてくれたのか、以前の球に押されている感じがなくなってきたような感じに見えました。

さあ、これからもっと振り込みが必要ですね。

posted by ケロの父 at 20:51| Comment(10) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

NEW一般軟式バット

337x292-2009100300006.jpg

415x201-2009100300005.jpg

ケロの新しいバットです。

今の使用しているバット
Mizuno
80cm φ67.0mm 660g 超々ジュラルミン トップバランス

今回は
●メーカー名:Wilson(ウィルソン)
●品名:NITRO
●メーカー品番:JRINN
●材質:材質:DM-1(超々ジュラルミン)
●ヘッドキャップ:ウレタン製
●グリップテープ:A6746
●サイズ:83cm・700g平均(8370)
●直径:67.0mm
●一般軟式バット
●トップバランス


一般軟式バットですから、5年生(身長140cm)では、ちと大きいです。
練習、バッセンでしっかり打ち込んで、早く試合で使えるようになればと考えてます。
posted by ケロの父 at 21:37| Comment(10) | TrackBack(0) | 野球道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

休眠打破

「休眠打破」という植物のメカニズム
春に咲くサクラの花芽は、前年の夏に形成されます。しかし、それ以上、生成されることなく、その後、「休眠」という状態になります。休眠した花芽は、一定期間、低温にさらされることで、眠りからさめ、開花の準備を始めます。これを「休眠打破」といいます。休眠打破は、この秋から冬にかけて一定期間、低温さらされることが重要なポイントです。
そして、春をむかえ、気温が上昇するにともなって、花芽は成長「生成」します。気温が高くなるスピードにあわせて、花芽の生成も加速します。生成のピークをむかえると「開花」することになります。



昨日のスポ少新人戦の結果は残念でした。
ケロの打席は当たりは良かったのですが結果がでなかった。悔しいですね。

しっかり低温にさらされました。

眠りからさめ、開花の準備を始めなければいけません!

本日ケロは素振り、ティーをこなし、バッセンに行き120キロを50球程打ちこみました。

開花に向けて、頑張って行かなくてはいけませんね。


posted by ケロの父 at 21:01| Comment(10) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

先頭打者注意のはずが・・・

本日、体育の日は今年最後の公式戦である 第2回スポ少新人戦、市内大会が行われました。

第1戦目なのですが、トーナメントの山が1つ大きいので2回戦。


対戦相手は、UドリームBoy

我がチーム先発投手に悩んだ私です。
土曜日のローカル大会時に若干の肘痛を訴えたケロ・・・。
日曜日の練習時には痛みがなくキャッチボールが出来たので、迷ったのですがケロの決めました!

ケロは4番ピッチャーでスタメン

試合前のミーティングで
先頭打者に注意、ツーアウトからの四球が勝敗を分けるから慎重に入りなさ注意するようにしつこく忠告。

しかし展開は・・・
1回表、先頭打者を簡単に追い込んでから、外角低めに外してからの次が高めに浮き・・・ライトオーバーのRホームランを浴びる。
1死後に四球を出し2連打を浴び、1塁失策を呼び「4」失点となり重くのしかかってしまった。
ケロの球も走ってていて球威もありましたが、相手チームの打撃が勝りました。被安打5。初回の3本が効きました。
以後、2、4、5回の先頭を死四球で出塁を許したケロ・・・。

我がチームも再三のチャンスを走塁ミスで潰す。
初回、先頭の2塁打も内野ゴロで中途半端に飛び出してしまう。
4回、先頭が四球後、しゅう君の長打が出る! 1塁走者は3塁で止まるが、打者走者は2塁を大きく回り過ぎてアウト! そして3塁走者の飛び出しダブルプレーを喫す・・・。

最終回、2四球、1エラーで2死満塁。
ケロに打順が回ってきた。1ストライス後の2球目を見事に捕らえた強烈な打球!
「やった〜!」
が・・・・ライト正面のワンバウンドでライトゴロに終わりゲームセットとなってしまた。

ケロの打撃も振れていたが、運にも見放されていました。
1打席目は四球でしたが
2打席目は鋭いライナーを投手が叩き落とすファインプレーに阻まれる。
3打席目は、ライトゴロ・・・。



「野球の神様は、いるのか?・・・・」そう思ってもしかたがないケロの打席でした。


相手チーム 4 1 0 0 2 | 7
我がチーム 0 0 0 0 0 | 0




(Total 43打数21打 .488 本塁打5本)

posted by ケロの父 at 21:02| Comment(8) | TrackBack(0) | 試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

打・奮闘、投・倒壊

全9チームが3チームづつに別れて巴戦を戦い、成績順にまた分かれて優勝を争う。
「T西カップ」の決勝リーグが行われました。我がチームは4・5・6位決定戦です。


★第一試合は、ISI学童

ケロは4番ショートでスタメン

我がチームの先発投手は、小4の女の子投手
丁寧な投球で試合を作ってくれましたが、バックが足を引っ張ってしまった。
5回被安打7とやや打たれたが、要所でのエラーが効いた・・・


打撃陣は、ケロが孤軍奮闘 全打点を叩き出してくれた。

初回の1打席目は圧巻だった。
弾丸ライナーでのライト越え、隣のグランドのベンチまで転がり悠々のランニング2ランホームラン。
芝の張った外野でこの転がりですから誉めてあげたいです。
最終回は無死1、2塁で右線ツーベースと元気なケロ、だがチーム打線はケロを除き2安打と沈黙でした・・・課題です。


相手チーム 2 3 2 0 2 | 9
我がチーム 2 0 0 0 1 | 3

4.ケロ(遊)
右越Rホームラン  三振  右線2塁打



★第二試合、ヤングT

ケロは4番ショートでスタメン

先発投手は、小3の泰G君
我がチーム先攻で、3番MU君の右前、4番ケロの右中間2塁打、5番康G君の右前、3連打があり5点先行したが・・・・

その裏、2四球、4失策とまた悪いリズムの我がチーム
2回裏の守りは、先頭から連続3四球で、ピッチャーをケロに交代。
そのケロもピリッとしまかった・・・被安打3、5つの四球・・・。
3回の投球、四球を出し、セカンドゴロが暴投で失点
4回の投球、四球を出し、ショートの連続悪送球で失点
5回・・・・。
なんとケロの肘痛が少し出てきてしまった。先頭打者の初球、気の抜けたスローボールをレフトオーバーされRホームランを喫し、降板となった。


肘痛は、ひどくないらしいが再発したのは、とても心配です。
やはり、もう少し登板を延ばせばよかったのだろうか・・・・。


我がチーム 5 0 0 0 0 | 5
相手チーム 4 5 1 1 1 | 12

4.ケロ(遊)投 中
右中間2塁打  捕飛  左前安打



まだまだ守備力がない我がチームです。
先発投手の立ち上がりで勝敗が左右するのが分かります。やはりまだ精神的にも未熟な面もあるのでしょうか・・・。


(Total 41打数21打 .512 本塁打5本)


PA0_0360.JPG

最後の閉会式でチーム1人づつ優秀選手を選出するのですが、我がチームではケロがもらいました。キャプテンとして頑張ってくれました。

posted by ケロの父 at 20:47| Comment(8) | TrackBack(0) | 試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

トップの位置



学童野球に於いては特に「体の大きい子」「普通の子」「小さい子」のバッティングはその体型に比例して打てているような気がします。(勿論多少の例外な子もいます)

これはまだまだ、この段階では技術よりパワーがものをいうということでしょうか。
(最も、いつにおいてもパワーは重要な要素ですが)

体の大きい子は少々の難点があっても力でもっていくことができますが・・・

よく指示があるこの言葉「後ろを小さく前を大きくコンパクトに振れ」 その言葉自体は全くその通りなのですが、そのまま理解するとバッティングの本質を見失ってしまいます。

後ろを小さくの意味は「トップをきっちりと作ること」
トップとはこれから打ちにいくという切り替えしですので、最初の構えではないです。
最初があまりにも小さい構えでは、トップに向けての動作が大きくなるので、ある程度最初から大きめな構えも必要だと思います。
それにより、変に小さくまとまるわけではなく打てそうな雰囲気というものが伝わってくるでしょう。

グリップの位置はピッチャーから見て、テイクバック、構えた所から更に後ろに引く(ヒッチする)際にグリップが隠れないことも大切だと思います。
グリップをからだの後ろに引くと、後ろの肘がスムーズに出てこず、トップが出にくくなると思います。

恐らく、小学校や中学校ではヒッチすることは全く気にならないし、むしろこれがパワーの根源のようなところもあるのですが、レベルが上がれば上がるほど欠点となってくると思いますし、これを身につけたスイングをしていると中々その癖が抜けないので、速いボールや変化球に対応できなくなってしまい、打てない理由が解らなくなってしまういわゆるスランプが長くなるかもしれません。

そしてそこから下の手の甲を常にボールに向けていく意識でバット振れば、良い軌道のスイングになるんじゃないでしょうか。

posted by ケロの父 at 11:30| Comment(12) | TrackBack(0) | 打撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

オープン・スタンス

オープンスタンスで打つと、どうしてもバットの先に当たってしまいます。などという話をよく聞きます。

オープンスタンスは決して悪くはありませんが足だけを開いているのか、それとも胸(上半身)も正面向いているのかは重要です。

オープンスタンスは両方の目でボールを見るので視野が広がる利点があります。
しかし、ステップをボールに向けてきちんとしないと芯で打つことはできません。先っぽに当たるチェックポイント

(1)ステップと同時に上体が出ていく=右足が着地したとき、バットはトップの位置にあるのが正しい。

(2)アウトステップする=ステップをした方向に両ヒジをたたんでスイングをするのでバットが届かない。踏みこんでいけば外角球も届くはずです。

(3)軸足(左打ちは左)が開いて(閉じて)いる=軸足をラインに垂直にしておくと投球の方向にステップを向けやすいし、自分のスイングができやすい。

左打者は右とちがって、一塁まで2、3歩は速いし、広角に打てる有利さがあります。ですからオープンスタンスにして無理に引っ張る必要はありません。センターから左方向に打ち返せば芯に当たる確率も高くなると思います。


posted by ケロの父 at 09:14| Comment(12) | TrackBack(0) | 打撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

肘痛復調

全9チームが3チームづつに別れて巴戦を戦い、成績順にまた分かれて優勝を争う。
「T西カップ」の予選リーグが行われました。

この大会は、秋、春と2回行ってきましたが、今年から秋のみとなりました。

★第一試合は、昭WAクラブ
約半年前のこの大会でも、このチームと戦いました。
http://kerokero223.seesaa.net/archives/20090404-1.html

6年生、YUT君、大君、KAZ君、ISO君、ハル君の抜けた穴は大きかった・・・・

我がチーム、立ち上がりに死四球と2本の安打を絡めて攻めたが、そこまでだった。

守りでは、康G、泰G君の小3の双子リレーも空しく・・・
18四球を出し完敗でした。これじゃあ勝てませんね。


我がチーム 3 0 0 0 | 3
相手チーム 0 6 3 6 | 15

4.ケロ(遊)
三塁内野安打  二ゴロ

ケロの肘が復調して、やっとショートのポジションが出来るようになりました(左利きですが)
この試合を観たところ、いい感じでした。



★第二試合目、MNE学童
このチーム以前、ケロが腹痛を起こした時に対戦した相手
http://kerokero223.seesaa.net/archives/20090905-1.html

肘痛から復帰して久々の先発投手ケロ
4番投手でスタメン

来週の体育の日には、第2回スポ少新人戦があるので状態をみるのにはいい機会です。

ケロの立ち上がり、2連続空振り三振後の四球が頂けなかった。
ランナーに2盗、3盗塁を決められた。
リードが大きく捕手からの送球がショートバウンドになり3塁手TU君が後逸する。しかしレフトY本君がナイスカバーリング!かと思いきや痛恨のトンネルでした・・・・まあ練習から、こんなプレイが多い選手ですから^^;
その後も、連続四球でピンチを招くが、空振り三振で締めくくる。

5回の投手ケロのピンチ
空振り三振、投ゴロで2死後に、2塁手大K君のエラー、1塁手MU君のエラーと我がチームの悪いパターンです。

1つのエラーをきっかけにして連続ミスが続くことが多い。
精神的というにはまだ幼い子供達ですが、やはり子供であっても精神的なタフさを持っているかで、1つのミスで緊張の糸が切れてしまうのか、それとも我慢して落ち着いたり盛り上げたりできるのか、そういうところが結果につながってしまうように感じています。

集中すること、我慢すること、
ミスが出ても集中しなおすこと、落ち着きを取り戻すことが出来るようになってくれば大量失点もなくなり、自分たちの力を発揮することが出来るでしょう。(Fastballerさんとまったく同感です)

このピンチでランナーが3盗を試みて、捕手Y田が初回のミスを取り返し刺したプレーは大きかった。

終わってみれば、ケロが被安打1、毎回8奪三振を奪いチーム2勝を取った!!


相手チーム 1 0 0 0 1 0 | 2
我がチーム 2 1 2 0 1 3 | 9

4.ケロ(投)
二失策  左前安打  四球  四球


この日、ケロの打撃バランスが不調でしたが悪いなりに結果をまずまず残してくれたのは成長の跡だろうか。
2打席目は、臭い球をしっかりカット(見事に引き付け払った)ここからバランスを思い出したのか綺麗な左前安打だった。

成長といえば、ケロが5回裏に四球で出塁し、2盗、3盗を決め、先週の成功で味をしめたのか、また本塁盗塁を決めてくれた!!
この日、2試合で計7盗塁と前チームでの課題であった走塁がウソの様に走りまわってくれています。


(Total 35打数17打 .486 本塁打4本)






posted by ケロの父 at 21:27| Comment(8) | TrackBack(0) | 試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

出だしは良かったが

特打ちが出来るバッセンへケロを連れて行く約束をしていました。
私が会社からの予定帰宅がいつもより30分位遅れ玄関を開けると、もう帽子をかぶりバット、バッティンググローブを用意し待ち受けていました。
「遅いよ」
「あっ ごめん、ごめん」

しかし、いざバッセンでの打ち込み
まず、格好がいけません!シャツを羽織りひらひらしながらやるなんてパンチ
すぐ脱がせましたが・・・。

アップした動画は打ち始めなのですが、打つポイントが前過ぎです。
良い当たりでしたが、ケロらしくない雷

まだまだですね。



100`180球、130`2G60球

posted by ケロの父 at 21:02| Comment(8) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。