2008年10月10日

振り逃げ

学童がするスポーツなかでは(例えばサッカーやバスケットなど)、野球のルールが断然難しいとおもいます。

今回、振り逃げについて なにげなく調べてみて まだ私も良く理解していないことが判明しました。

以前は一塁にランナーがいるとダメみたいな感じで覚えていましたが、それが違うとわかって、何気なく覚えたつもりでした。

でも今改めて考え直すと、どうもうまく整理できないのです。(人はこれを頭が悪いとも表現もするもようです)

そこで、これを機にもう一度整理してみます。

まず振り逃げは 
振ってなくてもキャッチャーがストライクをポロってエラーすれば走れますし
ストライクでもキャッチャーが捕る前に地面につけば走れる。

それを踏まえて
振り逃げが出来る時の状況
@無死または1死で、1塁に走者がいない時。
A2死の時(走者の有無は関係なし)
これは野球規則 この形は一応覚えよう

なぜ、こうなるのか? 
無死または1死で、1塁に走者がいて 打者が三振した時に キャッチャーがわざとエラーしてダブルプレーを出来ないようにした配慮なんですね(今回、私はこれが頭に浮かんで 整理ができました)

まとめ
打者からみての振り逃げは
1塁走者がいる時は出来ないが、2アウトは全部出来るよ

守備側からみて振り逃げの注意は
2死では、ランナーが何処にいても振り逃げはある。
2死満塁では、進塁の権利がランナー全員に生じるので、キャッチャーはホームを踏んでアウトにする事を頭に入れて置いた方がいいですね。


どうでしょうか?
 間違っていたらご連絡お待ちしています。

posted by ケロの父 at 14:08| Comment(14) | TrackBack(1) | 野球の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>2死満塁では、進塁の権利がランナー全員に生じるので、キャッチャーはホームを踏んでアウトにする事を頭に入れて…

ついでにもうひとつ。
2死1・2塁の時にはじいちゃって、タッチも出来ず一塁に投げても間に合わないと感じたら、サードに投げることも頭に入れておこう。
学童野球の場合、2塁ランナーがボケェッとしていることがあります。^^
2死の時に振り逃げが発生したら、内野ゴロを打たれたと思って守備をするって考えると分かりやすいです。^^

走者もちゃんと走ろうねぇ。^^
Posted by スマイルヒット at 2008年10月10日 23:06
ゆっくりと考えれば、こういうルールだったって判ってるつもりなんですけど、現場で、とっさの時には、1死1塁なのに、「走れ!!」って叫んでみたり、結構、間違っちゃいます^^;

バッターやキャッチャーだけでなく、ランナーも野手も、走れる状況なのか否か、キチンと考えてプレーする癖をつけないといけませんね。


そういえば、プロ野球選手でも、1死1塁での三振の場面で、振り逃げできると勘違いして1塁まで走ったのを見たことがありますよ。
Posted by PAT at 2008年10月11日 00:02
わざとエラーしてダブルプレーを防ぐのはインフィールドフライと同じ考え方ですね。
これを機に『ボールがどこに飛んだらどう動く』試合中、常に考えることを覚えるといいですよ。
Posted by Skyboys広報 at 2008年10月11日 21:32
■スマイルヒットさん ありがとうございます。
突然やってくる振り逃げは、よく理解していないと いざと言う時に動けませんからね^^
Posted by ケロの父 at 2008年10月12日 19:41
■PATさん ありがとうございます。
結構、プロ野球選手だから なんでもルールを知っていると思われがち^^ そんな事 野村克也氏が言ってました。
Posted by ケロの父 at 2008年10月12日 19:44
■Skyboys広報さん ありがとうございます。
あっ そうですね! インフィールドフライと同じ考え方ですね^^
子供たちに テストして理解させてあげたいと思います。
Posted by ケロの父 at 2008年10月12日 19:46
野球のルールって、プレイしている本人が一番うる覚えなんですよね^^;
小学生だと下手すると、言葉自体も曖昧に覚えている子も結構いたりしますよね。
ホント、難しいです。
Posted by trytry at 2008年10月12日 21:39
振り逃げのルール、なんとなくボンヤリしている方は多いと思います。
このエントリーは良いテキストになりますね^^


Posted by ドラ夫 at 2008年10月12日 22:22
■trytryさん ありがとうございます。
そうなんです。言葉自体が分からない場合があるので小学生低学年への説明は特に難しいです。
Posted by ケロの父 at 2008年10月13日 20:36
■ドラ夫さん ありがとうございます。
こんな私のブログがテキストになれば幸いです。私も、しっかりルールの再確認です。
Posted by ケロの父 at 2008年10月13日 20:39
本当に野球のルールは難しいですょネ〜

倅に「振り逃げ」を説明した際に
ケロの父さんの言うように説明しましたが
一つ追加で
振り逃げをあきらめる基準を教えました。
昔はベンチに入ったとかを基準としていたとか
聞いてますが、現在のルールでは
ダートサークル(本塁を中心とした26フィートの円)
から出た時点で振り逃げを諦めたと判断するそうです。
まぁ・・・学童野球でダートサークルなるものは存在しないので
本塁からおおよそ8メートル離れると
振り逃げを諦めたと判断するそうです。
Posted by まなパパ at 2008年10月14日 07:50
覚えているつもりでもとっさの時は結構忘れていることが多くて。。。。。
以前練習試合で、我々の攻撃時1アウト満塁で三振した子が振り逃げで走ってしまいました。
キャッチャーがボール拾ってホーベース踏んで1塁送球でダブルプレーにされました。。。。。。
その時気づかなかったのですが、試合後の帰り道で気づきました。。。。。。。。
これダメですよねぇ。。。。!?
Posted by ヨウボン at 2008年10月14日 09:15
■まなパパさん ありがとうございます。
最近、高校野球の甲子園で引いてある あのラインですか
Posted by ケロの父 at 2008年10月14日 20:16
■ヨウボンさん ありがとうございます。
ダメですね〜 後から気付くと無性に悔しいんじゃないですか?
Posted by ケロの父 at 2008年10月14日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

振り逃げ 野球のルール
Excerpt: 今回は、野球のルールを1つ紹介したいと思います。 『振り逃げ』 これは、足の速い選手が得意なことなんですが、簡単に言うと三振した後に、キャッチャーがボールを落としたら、ゴロと一緒ですよー!..
Weblog: 野球小僧の夜まで練習!!
Tracked: 2009-04-28 21:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。