2009年01月07日

イチローの独特な素振りに隠された秘密とは

イチロー素振り.jpg

メジャーリーガー・イチローとスポーツジャーナリスト・義田貴士氏によるテレビ朝日系列1/3日放送分『イチ流』。毎年恒例となった両者による様々な企画(料理やファッション)での対決シリーズだが、同番組内ではイチローによる技術講座が毎回行われる。

今回、義田氏は素朴な疑問として、イチローがみせる素振りの時と実際に打つ時のフォームやバットの軌道が大きく異なる点を挙げ、本人に聞いた。

※みなさんもそう思っていませんでした?

ネクストバッターズサークルや打席に入る前、縦に大きく振り上げるような独特の素振りをみせるイチローだが、その理由について、「バッターというのは、この部分(胸)がピッチャーに見えていくと不利になる。早い段階でここが見えると、あまり良い結果は望めない」と話し、遠回しに解説を始めた。

続けて、「これ(胸)が見えていくということは、バットが必然的に(先に)出てくる。グリップが自然に出てきてしまう。ということは、色んな(ボールの)変化に対応しづらい。グリップは後ろにあった方がいい。常に残っていた方がいい。残っていれば可能性が生まれる。全然待っていない球でも、なんとか当てられる。でも、ここで手が出てきたら、全く可能性がない」と語る。

最後までグリップを残すことで、ギリギリまでボールに対応できる術としているイチローが、「これが出来ない人は、最短距離でバットを出そうとする人が多い」と話すと、これには義田氏も「耳元から最短でバットを出せって、僕も教えられた」と驚いた。

イチローは「最短距離で(バットを)出すということは、(グリップを残してボールを)待てないんですよ」と説明。独特の素振りは、「そのためには、ここ(縦に大きく振り上げる軌道)を振るしかない。意識の確認。そのための素振り」と明かし、また、グリップを残すことで、最後の最後までボールに対応でき、タイミングの合っていない球でもファールにすることができるため「もう1球チャンスが生まれる」と付け加えたのだった。


posted by ケロの父 at 22:18| Comment(14) | TrackBack(1) | 打撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見逃していました。
紹介いただきありがとうございます。
この記事、引用させていただいても良いですか?
Posted by Skyboys広報 at 2009年01月07日 22:51
■Skyboys広報さん ありがとうございます。
どうぞ引用してください。 なかなか私も参考になった番組でした。
Posted by ケロの父 at 2009年01月07日 23:01
イチロー選手がメジャーに行く前の話なので、もう随分と前のことですが、対戦したピッチャー(誰だか忘れました^^;)がインタビューで「イチロー選手がスイングしても、なかなかバットが出てこず、最後に、ズバッと出てくるので怖い」というようなことを言っていたと思います。
当時からイチロー選手の考え方は変わっていないということなんでしょうね。
Posted by PAT at 2009年01月07日 23:32
うーん・・ やはり天才は違いますね ^_^;
Posted by ドラ夫 at 2009年01月07日 23:50
しまった!今年は録画予約を忘れてました…。
飲んで浮かれていたのがダメでした。^^;
再放送あるかなぁ。
イチローは小難しいことを言いますが、この番組はいろんな企画があって楽しいですよね。^^
Posted by スマイルヒット at 2009年01月07日 23:51
わたしも見ていました。
毎年このプログラム楽しみにしています。

ふむふむなるほどという感じでしたね。
言ってる事は理解できますが、それをできるかどうか・・・
今度の練習でやってみようと思います。
Posted by BB虎彦 at 2009年01月08日 02:32
■PATさん ありがとうございます。
投手だったらイチローは対戦したくない打者でしょうね。
今は普通にイチローの話聞けますが、デビュー当時は異端児でしたよね。
Posted by ケロの父 at 2009年01月08日 19:59
■ドラ夫さん ありがとうございました。
イチローの打ち方は凡人には難しいです。
Posted by ケロの父 at 2009年01月08日 20:05
■スマイルヒットさん ありがとうございます。
イチローは野球場が一番似合いますよね^^
再放送あったら見てみてください。
Posted by ケロの父 at 2009年01月08日 20:07
■BB虎彦さん ありがとうございます。
胸を早い段階で投手に見せない事は大切と思います。
我が家では胸と言う意識じゃなくて、後ろ肩を意識させてました。
Posted by ケロの父 at 2009年01月08日 20:12
はじめまして!よろしくお願いします!
私も見ました!記事にしたかったんですが、文章力に自信が持てず何方かブログに書いてくれないかと思っていました!
ありがとうございます!
トラックバックさせてくださいね!(ブログ新米なんでやり方まだ解らないですけどね)

実は子供達には常々イチローの素振りの真似を進めてたんです!

裏付けがとれて子供に自慢しちゃいました。^^
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年01月09日 13:29
■肉団子3兄弟さん はじめまして。
こちらこそ宜しくお願い致します。 私のイチローの素振りの解釈は ボールにバットを落とす感覚なのかな〜と漠然に思ってましたが、本人のコメントを聞いてスッキリしました。
Posted by ケロの父 at 2009年01月09日 16:57
ン…、私には未だに理解出来ない部分もあるので、途中から録画しているのでじっくりと見てみようと思います。

縦振り練習については理解しているつもりでしたが、最短距離だからこそ、待てると思っていました…。
ありがとうございます。
Posted by trytry at 2009年01月09日 22:24
■trytryさん ありがとうございました。
最短距離と言う微妙な表現ですからね。いろんな打撃にかんする考えがあると思います。
誤解の起こる様な表現で言うと「最短距離だとNG」と思います。
Posted by ケロの父 at 2009年01月10日 21:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

イチロー≒ゴルフ≒餅つき?
Excerpt: ケロの父さんがイチローによる技術講座のテレビ番組を紹介されていました。 イチローの縦に大きく振り上げるような独特の素振りはグリップを残してボールを待つ意識の確認なのだそうです。この番組でイチローは「グ..
Weblog: Come on! Skyboys 明るく楽しく仲良く元気な野球で強くなろう
Tracked: 2009-01-08 23:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。