2009年01月15日

「ガムで反応早く」

「よく噛むことが脳を活発にさせる」
と言う事を実験で証明したと、2008年12月に自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)が発表しました。

良く噛むこと(咀嚼)が消化に良いことは以前から言われていましたが、それと同様に脳の働きを活性化するのではないか?という説も根強くあります。
例えば、野球のメジャーリーガーの多くはバッティングの直前までガムを噛んでいて、打つ直前に噛む事をやめてバッティングを行います。

これは投球への集中力を高める事に効果があるのではないか、あるいは噛む事によって脳が活性化されるためにバッティング技術が向上するのではないか、と考えられてきましたが、これまで科学的に証明された事はなかったそうです。

同研究所は、これを証明するために脳波を使って実験を行いました。脳波反応の1つとして有名なものに、P300というものがあります。この反応は、何らかの刺激が与えられてから300ミリ秒(0.3秒)後に出現する陽性(Positive)の反応です。


被験者に5分間、無味無臭のチューインガムを噛んでもらい、その直後に音による刺激を用いて特殊な脳波「P300」を測定。P300は何らかの刺激が与えられてから0.3秒後に出現する反応で、脳が活性化すると反応時間が短くなる。

これを3回繰り返し、ボタン押しによる反応時間も計測した。
また
(1)何もしない
(2)噛む
のと同じような顎の運動はするが、実際には噛まない
(3)手指の運動(タッピング)
を行う、という条件でも同様の実験をした。

すると、ガムを噛んだケースは、P300が現れるまでの時間(潜時)とボタン押しの反応時間が早くなり、繰り返すほど効果は明らかだった。一方、何もしない時には変化は見られず、顎や指の運動ではむしろ反応が遅くなり、P300 の潜時は長くなった。

生理学研究所の坂本研究員は、

「メジャーリーガーが試合中にガムを噛むことや、車の運転中にガム噛みを行うことによる脳の覚醒効果の根拠が、生理学的に証明された」
とコメントしている。


野球の打撃では、打つ球を瞬時に見極めて、動作に移ります。
こういった運動には効果抜群でしょうね!


ガムを噛むことで脳の働きが活性化するなら、今後もっと子どもたちに日常的にガムを噛ませるべきかもしれませんね。
しかし、メジャーリーガーのように常に噛んでいるのではなく、ガムのマナーなどはしっかり指導していきたいものです。

posted by ケロの父 at 12:12| Comment(18) | TrackBack(0) | 野球の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もしガムを噛まして下さいとお願いしても?
今はまだムリなんでしょうね。
でも水分補給は今やあたりまえですもんね(笑)
いいことは何でも受け入れたらいいのにねー^^
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年01月15日 12:25
学童野球で選手がガムを噛んでプレーする・・・
想像できませんが、でもガムのポジションって
昔と比べると年々上がっているので
(キシリトールガムの様に寝る前に噛むなんてあります)
きっとスポーツする時には監督から
「はい!○○スポーツガムを食べろ!これでホームランだ!」
な〜んてセリフがあるかも^^
Posted by まなパパ at 2009年01月15日 17:58
そんな効能があるんですね〜 意外でした。

私はガムはあまり口にしませんが、ハイチュウは大好きです (^_^;)

Posted by ドラ夫 at 2009年01月15日 21:30
エッ!今まで立証されていなかったんですか?
意外です。
指の運動で遅くなったのも意外です。
脳は謎だらけです。

普通の人は脳の1%も使っていないって言われてますからねえ。
Posted by Skyboys広報 at 2009年01月15日 22:47
運転中の眠気防止のためのガムについては、ガムに含まれるメントール等の成分よりも、噛むという行為によって眠くならないのだ、という話を聞いたことがありましたが、この検証結果と符合しますね。
また、眠くなってから噛み始める(対処)よりも、眠くなる前から噛んでいる方(予防)が効果的だとも聞きました。噛んでいると眠くなりにくいということは、集中力の持続が見込めるのでしょうね。

プレーするときにも噛んでいる方がいいようにも思えてきますが、”態度”という意味でNGでしょうね。
試合前に噛んで、脳を活性化させてからプレイボール!という流れになるんでしょうか。
その場合、『噛んだ後はクズカゴヘ』を忘れずに!ですね^^
Posted by PAT at 2009年01月15日 22:57
■肉団子3兄弟さん ありがとうございます。
ガムを噛んでの試合出場は、印象が悪いでしょうね。
10年後の学童野球では、打者が皆噛んでたりして^^
Posted by ケロの父 at 2009年01月16日 11:17
■まなパパさん ありがとうございます。
「はい!○○スポーツガムを食べろ!これでホームランだ!」
あるかも知れませんね^^ スポーツ店に行ったら ガムコーナーもあったりしてね。
Posted by ケロの父 at 2009年01月16日 11:19
■ドラ夫さん ありがとうございました。
ハイチュウ、私も大好きです^^ 美味しいですよね。
Posted by ケロの父 at 2009年01月16日 11:21
■Skyboys広報さん ありがとうございます。
この記事を読んだときの私も「エッ!今まで立証されていなかったの?」でした。
Posted by ケロの父 at 2009年01月16日 11:25
■PATさん ありがとうございます。
野球をする時は、まさにPATさんのおっしゃる通りですね。
『噛んだ後はクズカゴヘ』、マナーもしっかり指導ですね。
Posted by ケロの父 at 2009年01月16日 11:28
ん…、とても興味深い内容ですね。
指運動とガムの違い、これは一体何故なのでしょうね。
ガム、たくさん買ってこようと思いました^^;
Posted by trytry at 2009年01月16日 23:42
千葉ロッテの選手って、球団からガムが配布されているんですよね。(たぶん。^^;)
ガムの効果を取り入れていると聞いたことがあります。
たしか、ロッテからスポーツ系のガムも販売されていたはず。ロッテが優勝すれば、爆発的に売れるかも。^^
Posted by スマイルヒット at 2009年01月17日 00:02
試合でガムを試してみたくなってきました


…もちろん無理ですが^_^;

Posted by りゅう父 at 2009年01月17日 10:27
今も昔もガムはいいみたいですね。脳の刺激は常にやっていきたいです
Posted by T−31 at 2009年01月17日 21:39
■trytryさん ありがとうございます。
指運動とガムの違いはどんなもんなんでしょうね。
やはり顔の筋肉を使う事で何かあるのでしょうか?
Posted by ケロの父 at 2009年01月18日 19:33
■スマイルヒットさん ありがとうございます。
やはりロッテの話題になりましたね^^ 私も連想ゲームじゃありませんが頭に浮かびました。
Posted by ケロの父 at 2009年01月18日 19:35
■りゅう父さん ありがとうございました。
試したくなりますよね〜 私も同じです。
Posted by ケロの父 at 2009年01月18日 19:36
■T−31さん ありがとうございました。
昔から、噛むことはいろいろな効果があるなんて言われてましたから、今回の実験結果はうなずけます。
Posted by ケロの父 at 2009年01月18日 19:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。