2009年09月02日

ホンダVSトヨタ

昨日、東京ドームで行われた第80回都市対抗野球の決勝戦は、トヨタ自動車(愛知県豊田市)とホンダ(埼玉県狭山市)というハイブリッド車(HV)の販売競争を繰り広げるライバル同士の対決となった。スタンドには、豊田章男トヨタ社長と伊東孝紳ホンダ社長の両トップも陣取り、熱い声援を送った。

13年ぶり2回目の優勝を果たしたホンダの伊東社長は三塁側スタンドで社員や選手の家族と応援。「相手がトヨタで正直燃えた。自動車産業が暗い中で非常にうれしい勝利。社員や地域も元気付けられたと思う」と喜びを語った。

初めて決勝に進出したトヨタの一塁側では豊田社長も応援団に交じり、声援を送った。悲願の優勝はならなかったが、豊田社長は「今までベスト8が最高だったが、ここまでよく頑張った」と選手をねぎらった。

HV市場では、トヨタが「プリウス」、ホンダが「インサイト」を看板にし烈な競争を展開しており、決勝戦も例年以上の熱気に包まれた。


ホンダ11.jpg


ハイブリッド車(HV)で熾烈な戦いで火花を散らすトヨタとホンダであるが、長野久義(ちょうの・ひさよし)の活躍で、ホンダが13年ぶり2度目の優勝を飾った。打率・579、首位打者賞と「優勝して長野を(巨人に)送り出そう」チーム一丸となった勝利であった。


ご存じのように長野は巨人に行きたいのである。2回のドラフトで巨人以外に指名され、かたくなに巨人を希望した堅物である。今年は巨人入りは確実と言われているが、長野を見守ったホンダの風土が勝利につながったようだ。


ホンダ12.jpg


posted by ケロの父 at 22:01| Comment(4) | TrackBack(1) | 野球の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あーーー長野選手、いましたねぇ。
すでに2度、ドラフト指名を断ってるんですよね?
2回も指名されるというのは、凄い選手だということなのでしょうね。
今年のドラフトでも話題になるのでしょうか。
Posted by PAT at 2009年09月02日 23:25
私も東京生まれ・東京育ちなので
Gマークは好きですが、そこまでこだわらなくても
良いのでは?と思っています・・・
むしろ他のチームの方が出場チャンスも増え
本人の為にもいいのでは?な〜んて思いますが・・・
2回目のドラフトで断ったチームに
入団してほしかったなぁ〜
Posted by まなパパ at 2009年09月03日 06:57
■PATさん ありがとうございます。
話題の選手の1人でしょうね。長野選手の活躍を祈ります。
Posted by ケロの父 at 2009年09月03日 20:36
■まなパパさん ありがとうございます。
私も同意見です。 このご時世に、そこまでGにこだわる事もないのにと思いますね。
Posted by ケロの父 at 2009年09月03日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127080939

この記事へのトラックバック

センバツ優勝投手が先発
Excerpt: 今年の「第80回都市対抗野球大会」決勝戦「狭山市『Honda』vs豊田市『トヨタ自動車』」〈自動車(会社)決戦!〉もっと深く言うならハイブリット車で上位を占めている両企業。先発投手Honda「筑川利希..
Weblog: mingoh's観戦レポート
Tracked: 2009-09-07 04:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。