2009年09月09日

内川聖一が語る流し打ち7つのツボ

M01830305-01.jpg

『週刊ベースボール』8月26日発売の2009年9月7日号

昨年セ・リーグの首位打者、横浜の内川選手の記事が出ています。
タイトルは、「内川聖一が語る流し打ち7つのツボ」

写真がないとわかりづらいと思いますが、構えからフォロースルーまで、動作の順番に従って、全部で7つのツボが書かれています。




ツボ@:バットのヘッドを立てる
バットのヘッドを投手側に倒しすぎないようにする。ヘッドを倒しすぎるとバットがボールの軌道に対してまっすぐ出ない。投手側に倒すより捕手側に倒す方がまだいい。また、早めの始動も大切。軸足に体重を乗せた状態で一呼吸置く時間があった方が、ボールをしっかり見られる。

ツボA:軸足にまっすぐ体重を乗せる
足裏でしっかり地面をつかみ、軸足にまっすぐ体重を乗せる。右膝が投手方向へ倒れすぎると体が前に突っ込んでしまうので、右足の股関節から膝の内側辺りを意識してバランス良く一直線に立つようにする。右半身でしっかり立っていれば、左足はいつでもどこへでも踏み出せる。

ツボB:踏み込みはつま先からそっと
できるだけ後ろに体重を残しておきながら、左足を踏み出す。左足はいきなり強く踏み込まず、つま先からそっと降ろしてタイミングを探る。そうすることで右半身にギリギリまで体重が残るので、多少の変化には崩されにくくなる。一気に踏み込んでしまうと、変化に対応できなくなる。

ツボC:左右の壁を中心で重ねる
引き付けたボールに対して、右肘と右膝を同じ動きで同時に出していく。この時、体が回りっぱなしになると力が逃げてしまうので、左半身で作った"壁"を体の中心に戻す意識も持つ。右半身で作られた壁と左半身で作られた壁を体の中心で重ねる、というイメージ。

ツボD:右肩を出さない
体の正面を投手に見せた時点で打者の負けだと思っている。よく「左肩を開くな」と言うが、それよりも「右肩を出さない」ように意識した方がいい。右肩を前に出さない状態でバットを出そうとすれば、必然的に左肩は開かず右肘がたたまれ、バットが最短距離で出ていくことになる。

ツボE:手首の角度を変えない
ボールの軌道に対してバットのヘッドが下から出るとファウルになってしまう。ヘッドを寝かさないために、手首の角度を保つことが大事。手首が寝るとヘッドも下がるので、手首の角度を変えずにバットを落とし、ボールを上からつぶすイメージで打つ。そうすれば自然とヘッドが立つ。

ツボF:打ってから回る
体の正面でボールをミートしたら、そこからボールを押し込んでいくような意識で振り抜く。「回転しながら打つ」という感覚もバッティングにおいて、時には必要なのかもしれないが、僕は常に「ボールを打ってから、体がその勢いで回っていく」というイメージを持っている。

posted by ケロの父 at 02:40| Comment(8) | TrackBack(0) | 打撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真を見ていないので分からない部分もありますが、
理にかなった打ち方ですね。
バックナンバーで買ってみようかな?
Posted by Rossy at 2009年09月09日 14:08
コレ、立ち読みしました^^;
流し打ちのために、ということではないですが、小猿くん(左打ち)の場合、右肩(投手側の方)が開いちゃうので、ツボDを拝借して『左肩(捕手側の方)を出さないように!』と言ってます。
まぁ、肩だけ注意しても打てるようにはなれないんでしょうけど・・・^^;
Posted by PAT at 2009年09月09日 22:57
■Rossyさん ありがとうございました。
その号は週べは面白かったですよ!買いです。
Posted by ケロの父 at 2009年09月10日 11:06
■PATさん ありがとうございます。
なかなか個人の意識の問題もあるので、開きの抑制での意識する部分は難しいですね。全体のバランスもあることですから打撃は簡単なようで難しいし、難しいようで簡単だったりと奥が深いです。
Posted by ケロの父 at 2009年09月10日 11:09
まさにアホな2号が悩んでいた肩の開き。
少し解決の糸口を見つけました!
手の使い方でした。
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年09月10日 20:14
右バッターで最高打率の首位打者・内川選手。
息子の目標です (^_^;)

Posted by ドラ夫 at 2009年09月10日 22:23
■肉団子3兄弟さん ありがとうございます。
糸口をみつけましたか! 良い感じですね。 我が愚息も糸口を見つけたいです。
Posted by ケロの父 at 2009年09月11日 02:10
■ドラ夫さん ありがとうございます。
おお〜右バッターで最高打率の内川選手でしたね。
そういえば、ロバート・ローズ選手も横浜でしたね〜
Posted by ケロの父 at 2009年09月11日 02:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127626566

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。