2009年09月17日

ケロの打撃フォーム解説



ケロを連れて特打ちの出来るバッセンへ出かけました。

100キロを180球と130キロを2ゲーム60球と打ち込みました。


いろいろ打撃に穴があるケロですが、今のところは打撃力がある方ですね。
球に対しての反応が良く、ある程度速い球でも対応できるモノがあると思います。

構えの段階、リラックス出来ていると思います。

後ろの足にしっかり体重を乗せられています。

ここからの振り出しですが、下半身の開きが早いですが、上半身の後ろ肩が残っているので、なんとか持ちこたえている感じです。
下半身の動きにつられない上半身が身に付いているので、課題は、その振り出し時の割る形でしょうか? しかしこれが個性でもあるので難しい所です。

あと気になるのがバットの引き手が張りすぎる点ですが、私個人は窮屈になっていないので、今のところはいいかな〜と漠然と思ってます。

振り出した時の前の腕の脇がとても甘いのも気になる所です。インコース限定ですが、アウトコースは良い感じの形だと思います。
特にインハイは、反応の良さでカバーしてるのか?よくあの形で捌いてるな〜というのが正直な意見で、バットの軌道も良くないと思うのですが打つんです。強烈な個性です。

良い部分は、下半身が回り始めたところで、バットが頭から離れていきがちなのですが、バットが頭の近い所を通ってイン、アウトのスイング軌道が出来ています。
全体的に頭が同じ位置にあるので、このあたりも球をとらえる確率が高く、打率が高い要因かと思います。

普通フォロースル―は肩より下に収めるですが、ケロの場合はバットを放り投げるイメージで肩より上にきています。頭の動きを合わせて観ると、まるでハンマー投げの様です^^ これも強烈な個性でしょうか。

6年生との一緒のなか、この体の大きさで4番を務め、打撃の柱になった子ですから、打撃センスはあります。これからの学童野球活動は勿論、中学、高校でも中心選手として力を付けて欲しい。人に負けない努力をして、一流の選手になってもらいたいです。
posted by ケロの父 at 20:58| Comment(4) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつ見ても、もの凄い打撃力だなぁって、感心するばかりです。打撃力は”ある方”なんて、いうレベルじゃなく、メチャクチャありますよ!

小猿くんも少しずつでも良いから、進歩していけるよう、親子で頑張ります!
Posted by PAT at 2009年09月17日 22:19
いつも動画を『いいな〜羨ましいな〜』と思いながら眺めています。

技術的な事は詳しく分かりませんが、どんな球でも反応できそうなリラックスした構えと 大きなフォロースルーが大好きです。

将来どんなスラッガーになるのか、今から末恐ろしいですね(^-^)v
Posted by kisuke34 at 2009年09月17日 22:38
■PATさん ありがとうございます。
まだまだ甘いケロです。今週末の結果みてみたいと思います。打てるかどうか。
Posted by ケロの父 at 2009年09月19日 00:07
■kisuke34さん ありがとうございます。
大変な褒め言葉、感謝です。 ケロの振りが大好きなんて感無量です。 人が見て気持ちの良いスイングが出来るのが1番だと思います。
Posted by ケロの父 at 2009年09月19日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128270765

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。