2009年10月06日

オープン・スタンス

オープンスタンスで打つと、どうしてもバットの先に当たってしまいます。などという話をよく聞きます。

オープンスタンスは決して悪くはありませんが足だけを開いているのか、それとも胸(上半身)も正面向いているのかは重要です。

オープンスタンスは両方の目でボールを見るので視野が広がる利点があります。
しかし、ステップをボールに向けてきちんとしないと芯で打つことはできません。先っぽに当たるチェックポイント

(1)ステップと同時に上体が出ていく=右足が着地したとき、バットはトップの位置にあるのが正しい。

(2)アウトステップする=ステップをした方向に両ヒジをたたんでスイングをするのでバットが届かない。踏みこんでいけば外角球も届くはずです。

(3)軸足(左打ちは左)が開いて(閉じて)いる=軸足をラインに垂直にしておくと投球の方向にステップを向けやすいし、自分のスイングができやすい。

左打者は右とちがって、一塁まで2、3歩は速いし、広角に打てる有利さがあります。ですからオープンスタンスにして無理に引っ張る必要はありません。センターから左方向に打ち返せば芯に当たる確率も高くなると思います。


posted by ケロの父 at 09:14| Comment(12) | TrackBack(0) | 打撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オープンスタンスと言えば近鉄で首位打者を取った新井選手と、大洋で首位打者を取った後 阪神に移籍して日本シリーズで満塁ホームランを打った長崎選手が大好きでした。
最近は特徴的なフォームの選手が少なくなった気がします。
現役だとブラゼル選手・鳥谷選手・赤星選手しか思い付きません(>_<)
ブラゼル選手と鳥谷選手は しっかりと踏み込むタイプ、赤星選手は当て逃げタイプ。
同じオープンスタンスでも全く違いますね。
Posted by kisuke34 at 2009年10月06日 22:50
いろいろ打撃論がありますが、要はバランスなんでしょね。
Posted by まーおじ at 2009年10月06日 23:06
小猿くんは極端ではありませんが、オープンスタンスで、外角球が届かないわけではありませんが、(1)の問題があるように思います。
ステップ方向としては、踏み込んで行けてるのですが、ステップと同時に上体が出て行ってしまい、刺し込まれて、かなり窮屈な状態になり、バットが出てくる前にボールが来ちゃう・・・っていう状況のような気がします。
元々、結果が出てませんから、色々とフォームを弄ることにそれほど勇気は必要ありませんから、オープンスタンス禁止令を出してみようかな。というか、ステップと同時に上体が出て行くのを我慢させることが先かな。
Posted by PAT at 2009年10月06日 23:58
オープンスタンスでもしっかり踏み込めれば問題ないと思いますが、
中途半端にやってしまうと思いっきり体が開いてしまい、
問題点の一つである外角の球に対して対応できなくなるので
オープンスタンスにする場合はかなりの訓練が必要になってきますね。
Posted by Rossy at 2009年10月07日 07:24
■kisuke34さん ありがとうございます。
オープンスタンスを極めた大打者の名前が次々出てくるのはさすがですね!
わたし今でも、長崎選手のマネで打ったりします。個性的な打者でしたね。
Posted by ケロの父 at 2009年10月07日 11:39
■まーおじさん ありがとうございます。
野球だけじゃなく、何事もバランスでしょうか^^
Posted by ケロの父 at 2009年10月07日 11:40
■PATさん ありがとうございます。
小猿くんのフォームを実際見ていないので分かりませんが、その辺の考えを次回エントリーしたいと思います。
Posted by ケロの父 at 2009年10月07日 11:42
■Rossyさん ありがとうございます。
ケロは前脚が開くタイプです。いろいろ難点、バランスがありますね。
バッターボックスはラインぎりぎりに立ってますね。
バッティングに絶対はない所が難しいです。
Posted by ケロの父 at 2009年10月07日 11:48
息子も若干のオープンスタンスです。
夏の大会前の新聞では、『広角に打てる○×選手』 と紹介されていました^^

Posted by ドラ夫 at 2009年10月07日 19:51
今行われている春の選抜の予選とも言える新人戦全道大会を観戦中ですが、とてもオープンスタンスの選手が多いことに驚いています。
Posted by trytry at 2009年10月07日 22:32
■ドラ夫さん ありがとうございます。
ケロも若干オープンで、広角に打つ方です。レフト線へ運ぶ左独特の渋いヒットがでます。
Posted by ケロの父 at 2009年10月09日 10:32
■trytryさん ありがとうございます。
安易にオープンにするのは危険がありますから、しっかりポイントを抑えたいですね。
Posted by ケロの父 at 2009年10月09日 10:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。