2010年01月04日

究極の練習法

松井秀喜選手の野球を始めた少年時代からの日課だった究極の練習。

mlb0805090850001-p5.jpg



「素振りは究極の練習です。想像力次第でどんな状況にも身を置ける。例えばまず、投手の姿を思い描く。球種とコースを考える。球の高低、内か外か。直球を打ちにいきカーブが来た、などの自由な設定も素振りでは可能。僕はどの球、コースでもセンターに打ち返すイメージで振ります」

1時間でも2時間でもバットを振っていると、スランプで逆立つ気持ちも安らいでいった。好調時は少しでも長く維持しようと熱が入った。意味がないのは「何も考えずただ振る」ことだという。「必ず、試合での打席をイメージして振る」のが大切だと説く。

「音も重要です。振りが鋭いと空気を切る音が“ビュッ”とする。鈍いと“ボワッ”と割れるんです。音の違いは(巨人時代に)長嶋監督とやっているうちに、わかるようになりました」

究極の練習法で肝要なのは「本気度」と「音」だ。ワールドシリーズMVPは偶然やまぐれではない。「これまでどれだけ振ったのかなんてわからない」。日常となったバットスイングがあったからこそ、世界の頂点に立てた。

posted by ケロの父 at 21:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 打撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ただボンヤリと、何気なく振っていても意味はない。」

私も息子によく言うんですよ。
イメージしながらスイング。大切ですよね。

Posted by ドラ夫 at 2010年01月04日 21:33
リアルにイメージできるか?というところが大事なんでしょうね。
どうしても、回数ばかりに意識がいって、試合での打席をイメージできないままに、ただ振ってるだけ、という素振りが多くなっちゃってます。。。
Posted by PAT at 2010年01月04日 23:44
素振りをさせずにスタンドティばかりをやらせていた我が家ですが、昨年末からは素振りとスタンドティを半々で実施することにしました。
まさに、色んなコースや球種をイメージしながらフルスイングするために始めました。
明日からは「音」にも注意してみます。
息子だけじゃなくて、色んな子の「音」を確かめてみます。
Posted by スマイルヒット at 2010年01月05日 00:53
◆ドラ夫さん ありがとうございます。
やはり素振りだけでなく、何事も何気なくではいけませんね。
Posted by ケロの父 at 2010年01月05日 20:19
◆PATさん ありがとうございます。
イメージを意識するとカウントがおろそかになりますから、ケロには振った数ではなく時間でおおよその数を算出するように言ってます。 振った数で打てるようにはなりませんからね。
Posted by ケロの父 at 2010年01月05日 20:22
◆スマイルヒットさん ありがとうございます。
それぞれの練習には、その意味がありますから それを理解したうえで上手に練習してかせたいですね。
Posted by ケロの父 at 2010年01月05日 20:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。