2010年01月14日

Franklin打撃用手袋

PA0_0419.JPG

ケロの使っている打撃用手袋、最初はSSKを使って、ミズノへ、現在はZETTを使用。
結構すぐに破けてしまうので事前に購入しました。と言うより私が勝手にでした。

スポーツ店に行くと今まで置いていなかった珍しいメーカーが目に留まりました。

フランクリン社製のバッティンググローブです。大リーグの選手にも定評があり、使用する選手も多い。

色は黒、青を基調としたものがあり黒の方をチョイスしました。大量に在庫があり値も日本メーカーより安価なのも購買意欲に火をつけてくれました。円高の良い方の影響ですね!

フランクリンが独自に開発した皮革は、WR100DX技術とカーボンファイバー技術を使って、皮なめし工程でそれぞれの皮革繊維に密着されたもので耐久性もありそうです。

肝心の握った感覚、ケロは感触は良いとの事なので良しですね。

まあこのバッティング手袋に関しての使用は賛否両論あるかと思うのですが我が家は使用してます。
プロ野球選手のバットは木製という事もあり必需品ですが、高校野球まではグリップテープもありますしね。
posted by ケロの父 at 11:39| Comment(10) | TrackBack(0) | 野球道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私たちが子供の頃って、子供用のなんて
無かったですよね。
ウチの子供達も5年生位になると
使用率がグッとふえます。
格好だけではなく、練習もして欲しいですが(>_<)

プロ野球で最初に使用したのは
柴田氏だそうですね。先日TVで言ってました。
アメリカで購入したけど、
サイズが無くてしょうがなく赤にしたそうです。
Posted by 穴金空歩人 at 2010年01月14日 14:48
フランクリン社のバッティンググローブといえば、元日ハムの新庄選手が使ってましたね。
バッティングローブの使用・・・チームでは使ってる子はいません。でも、小猿くん(私も)、特に今の季節、防寒の意味も含めて、毎朝の素振り時には使ってます。
Posted by PAT at 2010年01月14日 22:46
デザインもメジャー風で格好良いですね。

ケロ君も、このバッティンググローブを使って「いつかはメジャーへ!!」って感じですね。

うちの子供達は、親子練習や自主練の時には 木製バットを使うので、バッティンググローブは必需品です。

息子には 何回か投げ付けられた事がありました(^-^ゞ
Posted by kisuke34 at 2010年01月14日 23:24
◆穴金空歩人さん ありがとうございます。
打撃手袋うんぬんより、まずは練習ですね。
そのTV、名球会のやつですよね!私も見ました^^
Posted by ケロの父 at 2010年01月15日 13:24
◆PATさん ありがとうございます。
なるほど防寒対策にも手袋は活躍しますね。我が家はバットを軽く握る感覚を掴むのに良いかな〜なんて思い、最初はケロにさせた記憶があります。
Posted by ケロの父 at 2010年01月15日 13:27
◆kisuke34さん ありがとうございます。
自主練に木製とは、さすがですね。 
メジャーですか!いいですね〜 
Posted by ケロの父 at 2010年01月15日 13:30
フランクリンは、手袋のトップブランドですよね。

フランクリン両手用いいですね。
クロ君みたいに、すごい数の振込みをしていたら、手袋してても、手の平のマメもすごいんでしょうし。
手袋買い替えコストも大変でしょうが、お父さんはクロ君のためガンパテ缶珈琲我慢我慢ですね。

当方息子、前の練習用は、ミズノイチローモデルと松井秀喜モデルでしたよ。
Posted by クロ君応援団 at 2010年01月16日 09:14
息子も中学時代に一度フランクリンを使いました。
私的にはオレンジ色のバリー・ボンズモデルが頭に浮かびます^^

Posted by ドラ夫 at 2010年01月17日 21:19
◆クロ君応援団さん ありがとうございます。
円高還元の恩恵で安価に購入出来ました。 まだまだお小遣いの節約続行です。
Posted by ケロの父 at 2010年01月17日 21:27
◆ドラ夫さん ありがとうございます。
ボンズモデル格好良いですね。引退が正式決定しましたようです。
Posted by ケロの父 at 2010年01月17日 21:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。