2010年01月12日

初!兄弟アベックホームラン

ケロ兄弟の冬休みは先週終了し、始業式を終えたらまた3連休という、なんとラッキーな巡り合わせの休みが終わりました。

その最終日の成人の日、私は仕事で学童チームの練習は見れないのでお休み。ケロ兄も部活が休み。
しかし私は遅番の仕事なので息子達の野球の自主練に付き合う事が出来ました。

ケロ達は軽くランニングで体を温めて準備体操をして素振りをしていたので、久々に兄弟2人を連れて近所のバッセンに行った。

まず120キロのゲージにてケロから打ちだしました。
すると、1/6の2ホーマーに続き本日もホームランの穴に入った!


次にケロ兄が打ちだしました。ケロは隣の85キロゲージに移動。

すると・・・

なんと兄もホームラン!!

初の兄弟アベックホームランとなりました!!

打撃の鋭さと言うより、「的に当てる”打撃コントロールと運”」それが必要なバッセンでのホームランではありますが、気分が良いですね〜




posted by ケロの父 at 02:13| Comment(14) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

凄。2本

2010年、学童野球チーム初練習から帰宅した私達親子でした。
時間を見ると、まだ11時です。
「おっ 今からバッセンに行けばタイムサービスの朝練タイムに間に合うぞ!」
と言う事で、車を走らせました。

120キロを3ゲーム、2ゲーム目にホームランの穴に打ち込みました!
「おお〜今年初ホームランだ!」
このバッセンは入り難く、大人も含め月に10人〜15人程度しかホームランボードに名を連ねられません。


この近所のバッセンで先月もホームランホールに打ち込んでおり、無料の120球の権利がダブりで所有できたので夕刻にまた足を運んでしまいました。

120キロを120球をケロが打ちだすと、またまたホームランホールに打球を打ち込みました。
(*0*;)☆ ウキャー!!
「いやいや、1日に2本とはスゲェ〜」
骨盤のタメ感覚できてますかね

入る事すら滅多にないのに1日2本とは・・・・愚息ながら何か持ってますね〜



posted by ケロの父 at 20:53| Comment(8) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

コンパクトに「強く」



ケロ兄弟は本日から冬休み。
私は仕事納め。

私が帰宅して早速ケロに「400スイングしたか?」の問いに
ケロ「まだ300」
私「どうすんの?」
ケロ「ん〜 バッセンに行く」

またもやこのパターンで私のお小遣いが目減りしていきます。ここ数年バッセン代を確保するのに、缶コーヒー、ジュースさえ我慢しています。


今週は、後ろの手の意識を強めて行かせましたが、その影響が引っ張りの打撃が目立つようになったために、ケロにバランスの重要性を説く。

そして本日は「コンパクトに強くスイングを心掛けなさい」と忠告。
しかしフォローは大きくねと。

どちらかと言うと、コンパクトより強くの意識が強かったでしょうか。
(85キロ・1G、120キロ・4G)


posted by ケロの父 at 21:22| Comment(10) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

オフこそバットを振り込め

当地域はオフでも、九州、四国や関西でも12月いっぱいは試合をしたり、沖縄では新人戦の最中だったり…。
恵まれない気候や環境のことを言ったってハンデは与えてもらえませんから、出来る範囲でやるしかないですね。

さあ、このオフ、バットを見るのも嫌になるくらいまで振り込み、振り続けた実績が自信と変わる位、振り込ませたい。

この年末、年始は毎日最低400スイングを自主練のノルマとしたケロです。
今日の天皇誕生日、私の会社は休日ではありませんでした。
帰宅すると、まだ300スイングとの事。残りの100スイングはバッセンでするらしい^^; しょうがなく連れていく事にしました。

昨日同様に、しっかり後ろの手を意識しての打撃。
今回は700gのバットで、85キロから入り120キロを2ゲームで上がりました。


posted by ケロの父 at 21:32| Comment(8) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

雨、振る。

甲子園に毎年のように出場するような指導者の方でも「バッティングは数じゃない」とよく言われます。
それは素振りは必要ないといった意味ではなく、「バットを振った数と、打てるようになることとは比例しない」ということが言いたいのだと思います。

基本的な考え方は
『バッティングは、数を打つこと、素振りを多くすることも大切だけど、正しい振り方を身につけないと、いくら頑張って振っても打てないよ』と言う事。
しかし振らなければ、何も始まりません。

バッティングに「今すぐ」結果を求めてはいけません。
「いま振っていることが出始めるのは2月から3月以降だからあせらず我慢して振ることだよ」と言い聞かせています。

「打つ」ということにとことんこだわり続けたいです。

野球の言葉や練習法でコツを選手に伝えるのは難しいものです。千の言葉よりひとつのコツ。しっかり自分で掴んで欲しい。

今日は1日雨でした。
雨ニモ、マケズ。
ティーバッティング70球。バッセンで120キロを75球。 寂しい数字ですが地道にコツコツやるしかないですね。

「ローマは1日にして成らず」

posted by ケロの父 at 21:14| Comment(8) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

オフでも高い意識を持って行こう!

次の日曜日に予定されている練習試合が我がチームの今年の対外試合最後となります。

本格的にシーズンオフとなります。

しかしケロの自主練にオフはありません。
まあ、11月下旬にインフルエンザに感染したのがオフでしょうか?

ケロには高い意識を維持し常に鍛錬です。

本日は、軽く素振り、ティーの後に近所のバッセンへ連れて行きました。

120キロを4ゲーム。



「大事なのは思い切り振れる事」
posted by ケロの父 at 22:03| Comment(8) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

速さを増せ

本日はチーム練習。
午前中は守備メインの練習。午後は打撃メインの練習内容でした。

フリー打撃は、10本・10本、そして1打席勝負。

ここ最近、振りが鈍いケロ
やはり一般軟バットが原因か?重いバットを振ったり、軽いバットを振ったり・・・これから考えていかなければならないですかね。

重いバットばかりに目が行きがちで、筋力アップだけを目指していても他の要素が劣っていては行けないと思います。

練習後
以前使用していたMizuno80cm φ67.0mm 660g トップバランスのバットを持ってバッセンで鍛錬のやり直しです。
スピードを取り戻しに^^

posted by ケロの父 at 21:38| Comment(6) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

NEWバット初打ち

Wilson製、83cm φ67.0mm 700g の初打ちへ、バッセンへ出掛けました。

特打ちの出来る遠方のバッセンまで足を延ばしました。

まず100キロを180球から
180球も打つ事事態、体力がいるのにプラス バットのサイズアップですから体力がいるでしょう。
打ってる最中にケロが「お腹が痛い・・・」
私 「えっ うんこか?」
ケロ「腹筋だよ〜」
一回り大きくなったバットに体が悲鳴をあげたのでしょうか?

打ち込みを終え、130キロの高速球を1ゲーム
サイズアップしたバットが見方をしてくれたのか、以前の球に押されている感じがなくなってきたような感じに見えました。

さあ、これからもっと振り込みが必要ですね。

posted by ケロの父 at 20:51| Comment(10) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

休眠打破

「休眠打破」という植物のメカニズム
春に咲くサクラの花芽は、前年の夏に形成されます。しかし、それ以上、生成されることなく、その後、「休眠」という状態になります。休眠した花芽は、一定期間、低温にさらされることで、眠りからさめ、開花の準備を始めます。これを「休眠打破」といいます。休眠打破は、この秋から冬にかけて一定期間、低温さらされることが重要なポイントです。
そして、春をむかえ、気温が上昇するにともなって、花芽は成長「生成」します。気温が高くなるスピードにあわせて、花芽の生成も加速します。生成のピークをむかえると「開花」することになります。



昨日のスポ少新人戦の結果は残念でした。
ケロの打席は当たりは良かったのですが結果がでなかった。悔しいですね。

しっかり低温にさらされました。

眠りからさめ、開花の準備を始めなければいけません!

本日ケロは素振り、ティーをこなし、バッセンに行き120キロを50球程打ちこみました。

開花に向けて、頑張って行かなくてはいけませんね。


posted by ケロの父 at 21:01| Comment(10) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

出だしは良かったが

特打ちが出来るバッセンへケロを連れて行く約束をしていました。
私が会社からの予定帰宅がいつもより30分位遅れ玄関を開けると、もう帽子をかぶりバット、バッティンググローブを用意し待ち受けていました。
「遅いよ」
「あっ ごめん、ごめん」

しかし、いざバッセンでの打ち込み
まず、格好がいけません!シャツを羽織りひらひらしながらやるなんてパンチ
すぐ脱がせましたが・・・。

アップした動画は打ち始めなのですが、打つポイントが前過ぎです。
良い当たりでしたが、ケロらしくない雷

まだまだですね。



100`180球、130`2G60球

posted by ケロの父 at 21:02| Comment(8) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

自分で考えながら打てよ

一生懸命、練習をする、努力する、勉強する。
自分がどうすれば野球が上達するか考えながら日々を過ごしてもらいたい。

考えるクセをつけておかないと、こう言う事は身につきませんからね。

調子は必ず変わりますから、その時の為に何で調子が良いのか、悪いのか分かっていなければならないと思います。
こう言う事を分かるために考えながらバッセンでも打って欲しい。

ケロの場合はどうか?
ケロ自身は、前に体が突っ込まない事を重点に意識している様です。
頭が動かない事ですね。
頭(目)が動くとすべてがズレてしまう。頭が動かなければ正確なスイングができますからね。



120`、3ゲーム75球


いろいろ考えて、自分の引き出しを増やしておけば、調子の波が少なくなると思います。

posted by ケロの父 at 22:24| Comment(8) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

シルバーウィーク最終日

ちまたのシルバーウィークは昨日で終了。
このシルバーウィーク、イコール敬老の日にかかってるダケでなくゴールデンウィークにもかけている.....
業界で言うトコロのダブルミーニングというテクニックを使っているらしい。

私、この連休は関係なく会社へ出勤でした。
仕事が忙しくなってきたせいでフレックスタイム勤務から、また交替勤務へチェンジ。今週は遅番なので、休みのケロと午前のサービスタイム1ゲーム40球の時間帯に合わせてバッセンへ出かけました。

その道程の畦道に彼岸花が咲いていました。
秋ですネ、季節の変わり目です! みなさん風邪ひかない様に、食欲の秋を満喫しましょ

ケロはスポーツの秋、120キロを2ゲーム80スイングしました。

posted by ケロの父 at 01:36| Comment(8) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

ケロの打撃フォーム解説



ケロを連れて特打ちの出来るバッセンへ出かけました。

100キロを180球と130キロを2ゲーム60球と打ち込みました。


いろいろ打撃に穴があるケロですが、今のところは打撃力がある方ですね。
球に対しての反応が良く、ある程度速い球でも対応できるモノがあると思います。

構えの段階、リラックス出来ていると思います。

後ろの足にしっかり体重を乗せられています。

ここからの振り出しですが、下半身の開きが早いですが、上半身の後ろ肩が残っているので、なんとか持ちこたえている感じです。
下半身の動きにつられない上半身が身に付いているので、課題は、その振り出し時の割る形でしょうか? しかしこれが個性でもあるので難しい所です。

あと気になるのがバットの引き手が張りすぎる点ですが、私個人は窮屈になっていないので、今のところはいいかな〜と漠然と思ってます。

振り出した時の前の腕の脇がとても甘いのも気になる所です。インコース限定ですが、アウトコースは良い感じの形だと思います。
特にインハイは、反応の良さでカバーしてるのか?よくあの形で捌いてるな〜というのが正直な意見で、バットの軌道も良くないと思うのですが打つんです。強烈な個性です。

良い部分は、下半身が回り始めたところで、バットが頭から離れていきがちなのですが、バットが頭の近い所を通ってイン、アウトのスイング軌道が出来ています。
全体的に頭が同じ位置にあるので、このあたりも球をとらえる確率が高く、打率が高い要因かと思います。

普通フォロースル―は肩より下に収めるですが、ケロの場合はバットを放り投げるイメージで肩より上にきています。頭の動きを合わせて観ると、まるでハンマー投げの様です^^ これも強烈な個性でしょうか。

6年生との一緒のなか、この体の大きさで4番を務め、打撃の柱になった子ですから、打撃センスはあります。これからの学童野球活動は勿論、中学、高校でも中心選手として力を付けて欲しい。人に負けない努力をして、一流の選手になってもらいたいです。
posted by ケロの父 at 20:58| Comment(4) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

どう指導するか



久々に特打ちの出来るお得なバッセンへ足を延ばしました。
約1ヶ月ぶりでしょうか。

100キロを180球、連続特打ち! 最後は130キロを1ゲーム打って上がったケロでした。



上達するためには、選手か師となる人が上達するための的確で具体的な方法を知らなければなりません。

つまり、選手か師となる人の分かる範囲までしか上達できないのです。

これは非常に当たり前ですが、とても重要なことだと思います。

つまり、選手が上達するには、選手が望むレベルに到達するための正確で具体的なノウハウを自ら学ぶか、もしくはすでに知っている人に教えてもらうしかないのです。

これを知らずに、上達という方向に全く沿っていない練習を数多くやっても全く上達しません。

マジメに練習をして、影の努力もしているのに実力がついていない人はこのパターン。



わたしも最先端情報に常に目を光らせ、どう指導すれば良いかと常に考えていなければいけませんね。

ケロの打撃を観てお気付きの点がありましたらご指導お願い致します。


とは言っても、選手は指導者から教えられた通りにやっていれば良いわけではないところが、また難しいところですね。



posted by ケロの父 at 21:12| Comment(14) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

サッと行って、パッと打つか



本日、私が会社より帰宅後にケロを連れて近所のバッセンへ車を飛ばしました。

あまり遅くなると夕飯が遅くなり家内の御機嫌が斜めになりますからふらふら
サッと行って、パッと打ってこようと言いつつも120キロを5ゲーム打ったケロでした。

野球 しかし、スラッガーの道のりは険しいです。まだまだですね〜



posted by ケロの父 at 21:29| Comment(8) | TrackBack(0) | バッセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。